« 性格心理学II-2 | Accueil | 思考停止装置が脳なのだ »

07 oct. 2005

パーセントを丹念に

推測統計に慣れた(結果にはp<.05とかp<.01とかがつきものの)頭にとって,
 クロス集計のパーセントの値の高低の比較だけで何かを論じるのは
  (しかもかなり盛りだくさんなクロス集計表のそれぞれから
   いちいちああだこうだと読み解いていくというスタイルには)...
ついていけないなあと思うわけです。

誰,とか,どれ,というわけではないんですけど。
ある意味,すごい技だなあと感心はするけれど。

まあ,たまたま今日の場合,
そういった感想の発生源はこちらだったですが。
上とか下とかいう意識には,興味あるんで。
それにしても。
nの値とかもなぁ。

自分が生きている業界は,記述統計のみではものを言いにくい世界なんでね。
ソシ●ロジカルの一部では言えたりするらしいけど。
「客観的なデータに基づいている」とうことは望ましいけれど。
"ロジカル"とは必ずしもいえない,のではないかと。

そういえば近頃書いた
国勢調査
も,同じように扱われるのかしら。

|

« 性格心理学II-2 | Accueil | 思考停止装置が脳なのだ »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



« 性格心理学II-2 | Accueil | 思考停止装置が脳なのだ »