« 予測的行動 | Accueil | 卒論指導やら »

12 déc. 2005

人間研究の方法(心理学)-2005E

今年度初回でした。
へびー。

今日の相関:NとHA。
強い正の相関が認められました(r=.81, p<.01)

重回帰分析は,今年度から指定のことをしていただくようにしてみます。
(ただし,強制投入かステップワイズかは各自の仮説で)
 ・TCI気質変数を独立変数に,TCI性格の各変数を従属変数に(つごう3回)
 ・TCI全変数を独立変数に,NEO-FFIの各変数を従属変数に(つごう5回)
しめて8回。

初めての実習のせいなのか(仮説a),
E班メンバーの集合的特徴なのか(仮説b),
学年全体の集合的特徴なのか(仮説c),

おしとやかな方々でした。
いろんな意味で。

もしくは
オープンクエスチョンには答えない,
という習慣でも,できているのでしょうか(仮説d)。

次回以降,これらの仮説の妥当性を検証しよっと。

|

« 予測的行動 | Accueil | 卒論指導やら »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/7587792

Voici les sites qui parlent de 人間研究の方法(心理学)-2005E:

« 予測的行動 | Accueil | 卒論指導やら »