« 臨床心理学演習(MC)3-2 | Accueil | 講演会に振り替え »

08 déc. 2005

臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-2

Predictors of Self-Esteem Variability

自尊心変動の予測子

上間さん担当。

うつの予測に,自尊心の変動が重要であるとの先行研究がある。
Roberts & Monroe(1994) によると,脆弱性の要因として
 自尊心に関する,限定的な情報源
 不全スキーマ
 ネガティブな一般化
 ネガティブな出来事
がある。

これら4要因と,自尊心の変動,うつの関係を検討した。

自尊心の変動は,
朝起きたら自尊心質問紙に記入,
夜寝る前に自尊心質問紙に記入。
を,14日間続け,
その28回分のデータの標準偏差から割り出す。

従属変数:自尊心のSDを有意に予測するのは,
ネガティブな一般化,
対人関係のトラブル[ネガティブな出来事]
で,
ネガティブな一般化×対人関係のトラブル
不全スキーマ×対人関係のトラブル
の交互作用項も有意であった。

うつの既往
  →ネガティブな一般化,人間関係のトラブル
    →自尊心の変動
といったプロセスが考えられた。

あげられていた4要因のうち,
・ネガティブな一般化
・ネガティブな出来事(対人関係)
はたしかに自尊心の変動に関係していた。

 *

変動,というのはどこかで聞いたような話ですが...
さすがに28回も測定すれば,標準偏差も出せるよな。
でもふつうそこまで協力を依頼するのは難しいだろうな。

 *

来週は,所用のため私は授業に出席できませんが,
発表者が演習を仕切ってくださることでしょう。
発表者じゃない人々の質問が,全員の理解を深めるでしょう。
(私がいても,ほとんどそういうスタイルなんですが)
休講にはせず,みなさんにお任せします。

どうぞよろしく,原さん。


 

|

« 臨床心理学演習(MC)3-2 | Accueil | 講演会に振り替え »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/7529783

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-2:

« 臨床心理学演習(MC)3-2 | Accueil | 講演会に振り替え »