« 洗濯乾燥機のリコール | Accueil | 051226b »

26 déc. 2005

レポートの添削と返却

を間に合わせる,12時には。

「人間研究の方法(心理学)・性格検査コース」のレポートです。
今回は,E班12名分。

受講生は,実習の一週後までにレポートを作成・提出することが義務づけられています。

そして,

教員は,そのさらに一週後までにレポートを添削・返却することが強く推奨されています。
(勘違いしないでほしいのは,一週後までに返却することが義務づけられているわけではない
ということです。単なる望ましい未来)

さらに,

提出者のレポートの完成度が上がれば上がるほど,望ましいスケジュールで返却される率が高まる,
ということです。

初回作成のレポートとしては概して完成度が高いようでした。
概して。
例年に比し。

しかし,

以下のかなり基礎的な,形式的側面の基礎を理解してください。鵜呑みで。
 ・ 本文中に<箇条書きはしない> (←これは授業時間内に念押しすべきだった)
 ・ (上と似てますが)本文中に★や●や※などの<記号を使用しない>
 ・ <体言止めはしない>

一番良いのは,図書館に行って『心理学研究』などの雑誌を一冊くらい眺めて,
論文(=レポート)ってこんなかんじで書けばいいのかな,というアタリをつけることかも。
たまたまハズレに当たることもあるかもしれないので,3本程度は。

 *

あと4回ある,添削・返却は望ましい未来のスケジュール通りになるだろうか。
どんなに早くやっても,いつも,月曜日の12時ごろなんだけど。
超過勤務手当のつかない時間外労働なんです。

|

« 洗濯乾燥機のリコール | Accueil | 051226b »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/7853160

Voici les sites qui parlent de レポートの添削と返却:

« 洗濯乾燥機のリコール | Accueil | 051226b »