« 平成18年度卒論折衝第4回 | Accueil | 平成18年度卒論折衝第6回 »

20 janv. 2006

平成18年度卒論折衝第5回

全体的にみると比較的先行研究が多い,とある現象について。
一般的には特性的にとらえてしまって,時間的な変化は検討されていないのだが,
ある特定の時に生じる現象が存在するのではないか,
という仮説があり(自己体験としては,おおいにある),
それを検討したいとのこと。
なぜ(と,想定される原因)が比較的はっきりしている。

すでにその,あるかもしれない現象に対するオリジナルななキーワードが与えられていて,
すごーくその現象(と,それが生じる状況が重要であること)を上手に表現できるコトバを
みつけてきた。

実験した場合の問題点と,
質問紙調査した場合の問題点を議論し,
けっこう多い先行研究のなかで言及される関連キーワードひとつを
(ご存じなかったようなので)教えてあげる。

|

« 平成18年度卒論折衝第4回 | Accueil | 平成18年度卒論折衝第6回 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/8250140

Voici les sites qui parlent de 平成18年度卒論折衝第5回:

« 平成18年度卒論折衝第4回 | Accueil | 平成18年度卒論折衝第6回 »