« 臨床心理学演習(MC)3-3 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-4 »

12 janv. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-3

Characteristics of illness intrusions in a non-clinical sample

「非臨床サンプルにおける,病気の侵入思考の特徴」

原さん担当。

12月15日に実施された「教員なしの演習授業」。
(私はその時間,とある学内委員会業務をしていたのでした)
自律的に学習できる集団になっていただいて,大変結構。
今日そのときのレジュメをいただく。

 *

病気であるという侵入思考の特徴を明らかにすること,
病気侵入思考に対する対処,評価などの関係を検討する。

判別分析したり
分散分析したり
因子分析したり
重回帰分析したり。

病気侵入思考は,心配と強迫的侵入思考の間にある。
病気侵入思考は,思考が現実となったときの責任感がなく,
また思考を持つことへの罪悪感がない。

病気侵入思考を現実的にとらえていると,問題焦点型対処。
自我違和的にとらえていると,逃避回避的対処。

だそうです。
判別分析が出てきてあたふたしたそうです。
そして自分で調べてきたようで。

 *

病気かも,という考えが浮かぶ心」,これっすね。

|

« 臨床心理学演習(MC)3-3 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-4 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/8129003

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-3:

« 臨床心理学演習(MC)3-3 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-4 »