« 平成17年度学校教育コース修士論文口述試験 | Accueil | は,部分的欠損 »

26 janv. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-6

Approach and Avoidance Goals and Plans:
Their Relationship to Anxiety and Depression

「接近・回避の目標と計画-不安・抑うつとの関連」

(06.1.29:結果以降追記)

永田さん担当。


高不安群,高抑うつ群,高不安高抑うつ群,低不安低抑うつ群の4群で,
目標(goal)の内容,およびそれを実現するための計画(plan)が
接近的か回避的か,
その数と特異性(specificity)に関して違いが生じるかどうか,
の研究。

「体重を5kg減らしたい」は接近目標で
「体重を増やしたくない」は回避目標。
「毎日エクササイズをしよう」は接近計画で,
「甘いものを食べないようにしよう」は回避計画。

実際に採られた方法は,
75秒
「将来私にとって重要ななことは・・・」で接近目標を,
「将来私にとって重要な,避けたいことは・・・」で回避目標を,
「こうすれば私はそれを達成できる」で接近計画を,
「こうすれば私はそれを避けることができる」で回避計画を
書き下す,
というfluency課題みたいなこと。

 *

性差なし。

群(4)×目標(2)→数と特異性
 接近目標数:低不安低抑うつ>高抑うつ,高不安高抑うつ
 回避目標数:高不安>低不安低抑うつ
         高不安>高抑うつ
 接近目標特異性:低不安低抑うつ>高抑うつ
            高不安>高抑うつ
            高不安高抑うつ>高不安
 回避目標特異性:低不安低抑うつ>高抑うつ,高不安高抑うつ

群(4)×目標(2)×計画(2)→数と特異性
 接近計画数:低不安低抑うつ>高抑うつ,高不安高抑うつ
 回避計画数:高抑うつ,高不安,高不安高抑うつ>低不安低抑うつ
         高不安>高抑うつ
 接近計画特異性:低不安低抑うつ>高抑うつ,高不安高抑うつ
            低不安低抑うつ>交不安
 回避計画特異性:低不安低抑うつ>高抑うつ,高不安高抑うつ
            高不安>高抑うつ

といったANOVA。

 *

高抑うつ,および高不安高抑うつ群
 接近目標が少なく,
 接近計画が少なく,回避計画が多く,
 接近および回避の目標・計画の特異性が低い。

高不安群
 回避目標が多く,
 回避計画が多く,接近計画が少なく,
 接近の目標・計画の特異性が低い。

というような特徴が明らかになった。

 # ちょっとややこしい。


|

« 平成17年度学校教育コース修士論文口述試験 | Accueil | は,部分的欠損 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/8349143

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-6:

« 平成17年度学校教育コース修士論文口述試験 | Accueil | は,部分的欠損 »