« 共感するならカネをくれ | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-3 »

12 janv. 2006

臨床心理学演習(MC)3-3

7章 "Turning Attitudes into Resources"前半。

「生徒を尊重し,偏見なく,かつ生徒の有能感を高める」,
そんなアプローチについて。

教師のなすべき最初の行動は,我々の世界に対する見方・考え方というのは,
たくさんある見方・考え方のひとつにすぎない,という考え方を紹介すること。
...このことを理解することは,初心者(教師)の学ぶべきひとつの最も重要な
テクニック
である。

質問をするときは,生徒の質問と関連づけてすることも大事だ。

|

« 共感するならカネをくれ | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-3 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/8128711

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習(MC)3-3:

« 共感するならカネをくれ | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-3 »