« 060104m | Accueil | エレベーターの賢くなさ »

05 janv. 2006

関東信越国税局から

頂戴した年賀状の束を隠すかのように,
あまりなじみのない官公庁から角2封筒が届いてました,
うちのメールボックス。

関東信越国税局!!

申告漏れとかそういうことかと, 思いました。
ちゃんと確定申告している(非常勤講師をしているので必須です)はずだが。

で,
「冊子小包」
というスタンプが左下に押されてました。

冊子というわりには薄いなあ。
なんの冊子なん?
と思って開封してみると

「e-Taxの利用のご案内」というA4文書1枚と,
仲間由○恵の視線と,「さあ、送信。」という文字で,
こちらに"念"を送っているカラーのパンフレット1枚が
入ってました。

 *

おいおい。

完璧な,明白な,税金の無駄遣いではありませんか
と,まずは思いました。

まず,どういう人たちにどれくらい送ってるのかしらないが,
こんな薄っぺらい紙をわざわざ送ってよこすな
(もちっと違う媒体があるだろうが;新聞掲載→ホームページへ誘導,とか;
誘導しなくても,ホームページで確定申告書作る人なら時期になればそこ見るだろうよ)

送るにしても,
 折って定形封筒に入れたら80円,
 定形外でも120円なのに,
 わざわざ「冊子小包」にしたら180円じゃないですか。
  #でもたくさん出すと割り引かれるらしい,この冊子小包。
    さいたまから出されているので,
     「県外あて」扱いとして,
      特別料金で
         500個以上出すと110円に,
        5000個以上出すと80円に,
       100万個で75円に,
       300万個で70円に,
       500万個で65円に,
       800万個で60円に,
      なるという。
      (日本郵政公社・国内郵便料金表

100万個以上,あるいは
少なくとも5000個以上は出したんだろうねぇ,
うちにも送ってよこすくらいだから。

それなら合格。

 *

落ち着いて,
パンフレットを読み始めると,このシステムは
私が開始届出書送付
 →税務署から番号通知書とCD-ROMが送付される
  →私は電子証明書を登録する
というステップを経て利用できるようになるのだそうで,
どうもそれを事前にさせようという意図らしい。

と,思ってさらに小さい字のところを読んでいたら,
別にそんな手続きを踏まずに,
確定申告書の作成は昨年と同様にできるらしい。
そのように読める。そうのようにしか読めない。

じゃあなんでこんなの送ってよこすんねん
やっぱり税金の無駄遣いじゃありませんか

法人税も消費税も酒税も印紙税も申告しないし,
青色申告の承認申請も納税地の異動届出も法定調書の提出も,
私はしません。

いったいなんのためのダイレクトメールなんだか,
なんで,サラリーマン(法人職員?)のひとりである私に送付されるのか,

さぁぁぁっぷぁぁぁーり,

理解できません。

 ※ いちおう登録すると「国税」の納税がインターネットバンキングでできるとか
   書いてあるが,そんなん一回銀行に行けば済むことで,
   やはり,私にはあまりメリットがない。

すぐにでも捨てたい気分ですが,
こんなにはっきりと「税金の無駄遣い」を体感したのは初めてなので,
なんだか捨てがたい。
それにいつかなにかのはずみで起業するかもわからんしな。

|

« 060104m | Accueil | エレベーターの賢くなさ »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

うちにも来た!その郵便物。
まだ開いてませんが、そういうことか。
私も確定申告書類はダウンロードして作るから、
そのe-Taxとやらには今のところ用はないな。
さっそく夜のブログネタにしようっと。

Rédigé par: ハラサチコ@外回り中 | le 06 janv. 2006 à 14:32

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/8016954

Voici les sites qui parlent de 関東信越国税局から:

« 060104m | Accueil | エレベーターの賢くなさ »