« 心理学方法論-4 | Accueil | [筑波大学 人間学類 口述試験とは]検索者へ »

27 févr. 2006

17年後期心理学研究法発表会

「心理学研究法」は,
人間学類心理学主専攻3年次の目玉商品です,
と私は思ってます。
(いつも言ってます)

タイトルのみ(発表順)
 ・自己愛と自己価値の支え方との関連:自尊心との比較を用いて
 ・いきいき生きよう!~年代別・時間別に見た本来感をもたらす諸要因の影響~
 ・中学生における劣等感受容と本来感・成長意欲との関連の検討
 ・濃く生きよう!-意味づけ,意味付与,利益獲得と適応指標との関連-
 ・アレキシサイミアの適応的側面の探索-KJ法による自由記述の分析を通して-
 ・青年期における不快情動との直面を促す要因に関する検討

たまたまだとは思うのですが,

今期は
 KJ法,
 因子分析・主成分分析,
 相関・偏相関,
 t検定・一要因分散分析
は出てきたが,
質問紙研究ではわりと定番の,
重回帰分析とか共分散構造分析とか出てこなかったな~

もちろん,何を検討しようかによって分析手法は変わるわけだが。
珍しきことかな。

 *

いきいき生きようか,濃く生きようか,
ちょっと考えこんでしまいました。

|

« 心理学方法論-4 | Accueil | [筑波大学 人間学類 口述試験とは]検索者へ »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/8863925

Voici les sites qui parlent de 17年後期心理学研究法発表会:

« 心理学方法論-4 | Accueil | [筑波大学 人間学類 口述試験とは]検索者へ »