« janvier 2006 | Accueil | mars 2006 »

48 posts pour la période février 2006

27 févr. 2006

[筑波大学 人間学類 口述試験とは]検索者へ

今日3回も検索されてまして。
何かを言わずにはおれない。

前期日程も終わって,後期の準備もしておこうかと。
そういうことですね。
まあ一応準備しとこか,と余裕なスタンスなのか,
まったく気持ちの余裕のない状況なのかわかりませんが。

こればっかりは,「取り越し苦労」になると良いですね。

 *


しかしながら,


もちろん,かな~り詳しくあれこれ存じておりますが,
何も言えません。


↓公式には以下を参照せよ↓
平成18年度学生募集要項「推薦入学及び個別学力検査等(前期・後期日程)」(PDF)
とか
選抜要項(PDF)
とか。
きっとでも,お手元にあるんでしょう。

Lire la suite "[筑波大学 人間学類 口述試験とは]検索者へ"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

17年後期心理学研究法発表会

「心理学研究法」は,
人間学類心理学主専攻3年次の目玉商品です,
と私は思ってます。
(いつも言ってます)

タイトルのみ(発表順)
 ・自己愛と自己価値の支え方との関連:自尊心との比較を用いて
 ・いきいき生きよう!~年代別・時間別に見た本来感をもたらす諸要因の影響~
 ・中学生における劣等感受容と本来感・成長意欲との関連の検討
 ・濃く生きよう!-意味づけ,意味付与,利益獲得と適応指標との関連-
 ・アレキシサイミアの適応的側面の探索-KJ法による自由記述の分析を通して-
 ・青年期における不快情動との直面を促す要因に関する検討

Lire la suite "17年後期心理学研究法発表会"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

心理学方法論-4

事例研究法。
質的研究法。

Lire la suite "心理学方法論-4"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26 févr. 2006

060626bm

060626bm-1 body image; gender differences; eationg disorders [y][x2][z1]
Distorted Images of One’s Own Body Activates the
Prefrontal Cortex and Limbic/Paralimbic System in
Young Women: A Functional Magnetic Resonance
Imaging Study

 # 身体イメージ(写真)を調整した画像を見るときの脳活動の性差。
   女性はdistortedイメージを複雑な情動認知処理で,男性は視覚的・視空間的処理で
   知覚する傾向がはっきりと。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

060226b

060226b-1 morality; emotion regulation; amygdala; medial prefrontal [x2]
Neural correlates of regulating negative emotions
related to moral violations

 # moral violationのありなし刺激,passive viewingとemotion regulation条件で。

060226b-2 emotion; judgment; expectancy; value; prefrontal [x2]
Segregated neural representation of distinct emotion dimensions
in the prefrontal cortex—an fMRI study

 # valence -> VMPFC, DMPFC
   intensity -> VLPFC,DMPFC
   recognition with the functional response -> PACC
   prefrontal内の,emotion次元-領域対応の検討。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25 févr. 2006

休日出勤

ということでさっそく本日,
休日出勤しました。

重要任務です。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

24 févr. 2006

振替休日

これからある「休日出勤」の,
振替休日です,今日。

朝からかかりっきりで,とある仕事をしてました。
プライベートなやつで。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23 févr. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-9

Disgust domains in the prediction of contamination fear

「汚染恐怖予測における嫌悪領域」

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-9"

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

臨床心理学演習(MC)3-6

9章 Solution-Focused School Staff: Creating the Atmosphere

最後の章です。

これまでのまとめという感じ。
学校に導入する,学校のスタッフ全員がsolution-focusedな教育者になるための
あれこれの方策について。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22 févr. 2006

断固として休暇予告する,ふたたび

3月28日(火)~4月1日(土)。
私に仕事を言いつけないでください。
いませんから。

九州(熊本・宮崎・鹿児島)に,
家族もろとも
行く予定です。

Lire la suite "断固として休暇予告する,ふたたび"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

きっちり使い切り

眠気を覚ますように,
これにケリをつけるため。

特にもっとも厳密で,かつ最後の最後まで残っていた某系統につき,
端数なし=ぴっちり残額0円になるように,
文房具カタログと格闘のうえ,
(さらに,値引き率がモノによって少々異なるため,
右手に電卓 or マウス,左手にキーボード,視線はモニタで小一時間;
個数を増やしたり減らしたり,
同じような物品の選択肢から,あちらを選ぶかこちらを選ぶかチョイスを変えながら,
チマチマした足し算引き算の繰り返し)

¥**,190ちょうど の発注をする。

Lire la suite "きっちり使い切り"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

21 févr. 2006

sleepoverみたび

字面からすると
「寝過ごし」みたいですが。

そうではなく。


Lire la suite "sleepoverみたび"

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

20 févr. 2006

人間研究の方法(心理学)-2005D

この授業,本年度最後のお勤め。
(レポートは,来週やってくるわけだが)

今日の相関:HAとP
r=.153 (n.s.)。

意外なところを責めてきましたが,
有意ではありませんでした。

Lire la suite "人間研究の方法(心理学)-2005D"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

心理学方法論-3

面接法について。

よく考えてみてもみなくても,あまり講義すべきことのないところのような気がしますが

  構造化面接って何?とか,
  面接者バイアスにはどんなものがあるの?とか
  くらいじゃありません?

ほぼ75分(この大学は一コマ75分です)使ってしゃべりました。

ということで,来週も授業ありが確定。
事例研究法です。
今度こそは。

Lire la suite "心理学方法論-3"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

060220b

060220b-1 affect; emotional interference; delayed-response working memory [x2][x3]
Brain Systems Mediating Cognitive Interference by Emotional Distraction
 # WM課題中にemotional distractersを呈示すると,DLPFCやlateral parietalの活動が低下するとか。
   特にその効果は右半球前頭葉に顕著だとか。
   個人差が存在するんだとか。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

感度良く,花粉症

土曜日はまあまあ天気が良く,布団を干したら。

昨日から感度良く,鼻がムズムズ。のども乾く感じ。

そろそろ来てるか。

Lire la suite "感度良く,花粉症"

| | Commentaires (6) | TrackBack (0)

確定申告仮計算

毎年のワークです。
ざっくりと計算してみたところ,
やっぱりさらに「お支払い」が必要,と出ました。

Lire la suite "確定申告仮計算"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

17 févr. 2006

心理学I・II(ストレスと健康)-採点

昨日試験だったようで。
昨日午後に,自分が出題した分の答案を受け取る。

けっこう「重要な」採点なので早めに終わらせようと思い,
朝始めて,けっこう快調に○△×をつけ,午前中には終了。
午後にはとりまとめの先生に成績報告。

Lire la suite "心理学I・II(ストレスと健康)-採点"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

16 févr. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-8

Goal Appraisals and Vulnerability to Bipolar Disorder:
A Personal Projects Analysis

「目標の評価と,双極性障害の脆弱性:個人の計画の分析」

※↓詳細も追記しました(2006.2.18

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-8"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

臨床心理学演習(MC)3-5

8章 Behavior Transformations: Disciplining Differently.
のところ。

学校の生徒の行動を変える方法,
いくつかの面白いケースの例示。

People only change in ways that reflect their own agendas.

It is rarely helpful for a therapist to appear more enthusiastic for any change than the client.

人生で何をしたいか聞く。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

はてなのRSSとブックマーク

アンテナは以前から利用しておりますが,

今日
RSS(プライベートモード)

ブックマーク
も作ってみた。

RSSはともかく,ブックマークをどう使えばいいのか,
いろいろ実験してみようかな。
しばらくは様子見。

Lire la suite "はてなのRSSとブックマーク"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15 févr. 2006

秘密の保持は心身に悪影響を及ぼすから

いよいよ明日10時です,これの合格発表。

実のところ,末端では結果は速やかに判断されているのですが。
何ステップかの,上層部の「承認」という上向きな流れと,
その後の「事務処理」という下向きな流れに,
時間がかかるのでしょう。
でもやはり,二週間はかかりすぎだと思うけれど。

秘密を保持し続けることは心身の健康度を下げますからね。

 *

そういえば卒論指導教員に関しても,
来週月曜日ごろ公表?とかいう話を
隣の先生に聞きました(←かなり確実なソースでしょう)。
これはまだ,いましばらくの秘密なんだな~。

Lire la suite "秘密の保持は心身に悪影響を及ぼすから"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

060215m

060215m-1 resilience; personality traits; coping styles; psychiatric symptoms [z1]
Relationship of resilience to personality, coping,
and psychiatric symptoms in young adults

 # レジリエンスはNEO-FFIのNと負の,EとCとは正の関係。
   問題焦点型コーピングは正の関係があり,Cとレジリエンスを媒介する。
   情動焦点型コーピングはレジリエンスの低さと関係。

060215m-2
The influence of a visuospatial grounding task on intrusive images of a traumatic film
 # トラウマ的フィルムを見るとき,
   同時に「粘土遊び」(型を作ってはめる)=visuospatialな課題をしていると,
   その後の一週間に生じる侵入的なイメージが減少する,
   つまり粘土遊びはトラウマ的なイメージの生成を阻害する効果がある!

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

060215b

060215b-1 object recognition; category specific effects; hemispheric asymmetry; global shape [x1]
The visual basis of category effects in object identification:
Evidence from the visual hemifield paradigm

 # 生物カテゴリーの優位性(非生物カテゴリーにくらべ早く正確に認識できる)が知られている。
   実験1: カテゴリー(生物 vs 非生物)×視野(右視野 vs 左視野),
   実験2: カテゴリー(生物 vs 非生物)×視野(右視野 vs 左視野)×画像ぼやけ度(blurred vs clear)
   でそのあたりのことを検討。非生物・右視野・blurredでパフォーマンスが最も不良
   対象は大学生。

060215b-2 positive affect; cognitive control [x1]
How positive affect modulates cognitive control:
The costs and benefits of reduced maintenance capability

 # マイルドなポジティブ感情は,ネガティブな・ニュートラルな感情に比べて,
   continuous performance taskという課題の成績を低下させる
   対象は大学生。

Lire la suite "060215b"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14 févr. 2006

[ワーキングメモリと失行症]検索者へ

ちょっと意外な取り合わせ。
PubMed様では11件ヒットですね(やっぱり少ないな~直感ってあてになるもんだ)。

それで
こんなのお探しなんでしょうか。

それともこっちかしら。ここに書かれている現象は大変興味深いです。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

秘密任務Bで会議Qの委員会

秘密任務B

会議Q
であるところの

今年度の委員会,
今日の午後に終了。

委員長(♂)にチョコもらう!
(おすそわけというわけではなく)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

家宅侵入という喩え

「セクシュアル・ハラスメント防止講習会」に午前中参加する。

私は,学内のセクシュアル・ハラスメント相談員のひとり(なんです)として。

他には,学長をはじめとする役職教員やら課長補佐級以上の職員など,
いわゆる管理職な方々が。

Lire la suite "家宅侵入という喩え"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

13 févr. 2006

えびの数だけ

言わずと知れた
マク●ナル●のCM。

さあ,
えびの数だけ,の後,正確には何と言ってるか
思い出せるかな。
視覚イメージでなく,聴覚イメージを。

Lire la suite "えびの数だけ"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

心理学方法論-2

前回の続きで,検査法。
本日は 特性系検査 について。
 および
信頼性・妥当性・実用性について。

Lire la suite "心理学方法論-2"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12 févr. 2006

特急あさま

ナツカシイ〜
~MOB_M0CH1~p060212_1144.jpg


長野新幹線開通以前には,これで帰省帰京していたものですから。

Lire la suite "特急あさま"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11 févr. 2006

スケートさ

~MOB_M0CH1~p060211_1500.jpg

Lire la suite "スケートさ"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10 févr. 2006

本務です!雑務とはいいません。

朝から昼まで
 超重要な委員会業務。
 数字とにらめっこ。
 二日酔いはないものの,やや動き鈍し。
 (その,重要な委員会委員長に「ブログ」について穏やかに/にこやかに問われる;
  あ~あ,チクられてるよ。まいいんですけど)

午後,
 ・その続きの配送事務作業ちょっと。
 ・来週の(別の)委員会の会議室予約。
 ・図書館で資料探し。
 ・とある科目の試験科目作成と送付。
 ・来週の授業の準備と印刷。

外はもう真っ暗。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

気分よく飲み過ぎ

9日18時30分頃?より
10日0時30分頃?まで

某所にて飲み会。
途中参加者がおひとり増える。
連絡するも「お取り込み中」らしき人もおひとり。

まあ,一言で言いますと,
気分良く飲み過ぎ

歩いて帰宅。

| | Commentaires (5) | TrackBack (0)

09 févr. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-7

Cognitive vulnerability-stress theories of
depression: examining affective specificity in
the prediction of depression versus anxiety
in three prospective studies

抑うつの認知的脆弱性-ストレス理論

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)3-7"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08 févr. 2006

今日の名言と「情報の保有についての逡巡」

例の,月1の会議デーでした。

そこで...その後の...ある先生の言葉。

「やはり会議資料はかさばってもとっておくべきですね」

Lire la suite "今日の名言と「情報の保有についての逡巡」"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

マイノリティ経験とさんすうセット

娘が4月から小学校に入学するもんで,
午前中「新入生保護者説明会」に出席する。

マイノリティ,の意味はおわかりですね。
なぜマイノリティになるのかも推測できますね。

ポップアウト(心理学基本用語)して,
目立っちゃってました。

Lire la suite "マイノリティ経験とさんすうセット"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07 févr. 2006

[構成失行 模写]検索者へ

私の学部卒業論文のテーマだったり,
学会発表デビュー作『両側頭頂後頭病変例における描画行為障害の検討』に
ご関心がおありなんですか。

たとえ「模写」であっても(見えるところに"お手本"が存在していても),
視覚刺激を運動に変換するためには,
なんらかのイメージ的処理が関与しているんですよ。
その図形になんらかの意味づけがなされるのなら。
単なる視覚運動供応ではありません。

イメージ的処理にもいくつかの段階があって(ああ,ウロ覚え...っていうかほとんど内容は飛んでいる),
ケースによってそのうちのどのプロセスに問題があるかは異なっていて,
描けない症状には差異が存在します。

Lire la suite "[構成失行 模写]検索者へ"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

06 févr. 2006

空間象徴図式とホワイトボードの図解

院生とディスカッション中,

彼がなぜかホワイトボードの右上から描き始め,
左上へ
それから
左下へ
と描き進めるものだから,ついつい今日の2限に準備した,
Koch(バウムテストの,ね)の空間図式を眺めてしまった。

Lire la suite "空間象徴図式とホワイトボードの図解"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

心理学方法論-1

例年2月になると回ってくるお役目。

私の担当は
[検査法・面接法・事例研究法]です。

...勉強になります。

本日は,
 ・ 「実験法・調査法・面接法」との違い
 ・ 知能検査
 ・ 神経心理学的検査
 ・ 作業検査
パフォーマンス・能力系検査について。

Lire la suite "心理学方法論-1"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

04 févr. 2006

楽天派グレーモンキー

寂しがり屋。

これですが

...なんのこっちゃ。

「普段は本当に言いたい事を飲み込むことも多い」
アハ。どこがやねん。

Lire la suite "楽天派グレーモンキー"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

03 févr. 2006

日本を滅ぼす教育論議

日本を滅ぼす教育論議
ロジカルなうえにシニカルで,でも落ち着いた雰囲気の漂う,文体が好きです。
内容はもちろん,タイトルにいつわりなく,
ほんとに滅ぼすと思いました

私がちゃんと読んだ「教育」関連本の2冊目,ということになるんでしょうか。

著者が文部科学省から大学教授に転身したのが
 著者自身の意志によるものなのか,
 省を辞さねばならないなんらかの理由があったのか,
なんだか著者の境遇がとっ~ても気になります。

Lire la suite "日本を滅ぼす教育論議"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

それで独自性といっても

オリジナリティが
 なさすぎて陳腐なのも埋没するし,
 ありすぎて理解されないのも沈没するし。

ほどよく独自性が発揮されて,
感度良くその独自性をとらえられる人たちがほどほどにいる,

というのが理想像なんだが。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

戦略というか差別化というか

昨日まで大学院の入試だったので,
 日頃あまり議論しないことについて,
 日頃あまり議論しない人たちと,
 とあるきっかけにより議論したのですが。

戦略というか差別化は結構重要であり,
独自性を高めることで,
相互的にメリットとなるようなソリューション
へ向かうことについて考えないといけないなあと。
ニーズもよく分析しないとな,と。
戦略を固める際にはこちら都合だけでなくあちら都合にもアンテナを向け,
かつ感度良くしておかないとな,と。

マーケティング的発想が必要なんです。
今あんまりないみたいなんで。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

時効ネタ2件

たぶんもう書いてもいいだろう。

その1.センター試験リスニングテスト

その2.釘づけ

Lire la suite "時効ネタ2件"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

02 févr. 2006

200602012036ゆれ

公表震度は3。
ファイルマスターはあまり動かず。
~MOB_M0CH1~p060202_1154.jpg

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

tripletask -> dualtask

昨日,

一貫制博士課程
 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻
の三年次編入試験もあったのでした。
ゆえに昨日がトリプルでした。

今日こそがdualtaskで,
ヒューマン・ケア科学の口述試験(二次募集と三年次編入)です。

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

01 févr. 2006

11万で「外は冬の雨」

夜に11万アクセスに達したようです。

外は冬の雨,まだ止まず~♪

Lire la suite "11万で「外は冬の雨」"

| | Commentaires (3) | TrackBack (0)

dualtask

二重課題です,
入試・平成18年度第2回・第2次募集。

 *

一貫制博士課程
 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻

修士課程
 教育研究科 教科教育専攻
 学校教育コース→スクールリーダーシップ専攻(改組予定)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« janvier 2006 | Accueil | mars 2006 »