« 電子ジャーナル | Accueil | 認識する私,演じる私,感じる私,私を変える »

17 mars 2006

京都から届いた淡萌黄色の書物

京の都から,

  『物品使用障害の神経心理学的研究
   -身体と行為対象の相互作用という観点から』

という,うすもえぎ色の表紙の博士論文を,
本日頂戴しました。

このブログにも時々コメントをくださるkobさんの博論です。

と,ここで公開謝礼。
じっくり読ませていただきます。

|

« 電子ジャーナル | Accueil | 認識する私,演じる私,感じる私,私を変える »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

あ、届きましたか。よかった。
どうも照れますね。

生協に製本をお願いしたんですが、あの色は生協的には「アボカド色」らしいです。

あと、小早川博士、会議にて決定したようです。
あとは実際に授与されるのみです。

Rédigé par: kob@kyoto | le 17 mars 2006 à 18:49

ちょっとそれっぽく「日本の伝統色」的に表現してみましたが,アボガド色とは。

ところで
博士(××)の××は何が入るんでしょう?

Rédigé par: m0ch1 | le 17 mars 2006 à 19:05

ずばり、博士(人間・環境学)です。そんなに沢山いないのでは。

Rédigé par: kob | le 18 mars 2006 à 00:47

いいねえ,希少(?ですよねきっと)価値があって。
というか,
大学院がその名だけで特定できるのはいいことだ。

自分は
「なんでもはかせ」みたいだからな。

Rédigé par: mochi | le 22 mars 2006 à 17:12

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/9132922

Voici les sites qui parlent de 京都から届いた淡萌黄色の書物:

« 電子ジャーナル | Accueil | 認識する私,演じる私,感じる私,私を変える »