« 新年度委員会N | Accueil | 過剰な反応,というコトバに過剰に反応する »

27 avr. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-1-3

14名。ほぼ確定でしょうか。
既に登録してくれた人は11名。
あと3名は...
登録を強くencourageしておく。

3回くらいは実験を扱う。

「実験」研究デザインについて。
 要因として考えられること→○(誰),□(何),△(時)。
 一要因は,水準数2ならt検定,水準数3以上なら分散分析,
 二要因なら,主効果とか交互作用(→単純主効果の検定)ね。
  二要因のときは,折れ線グラフや棒グラフは”こんな感じ”と...

臨床心理学」演習ですが,文句ある?
臨床心理学概念に関わる研究をしている論文を読む演習なんです。
 
 

まあでも,どこが「臨床やねん」と
陰口たたかれないように,
今年度はちゃんと「15分くらいで認知臨床心理学コンセプト」というコーナーを作ることにした。

今日はdepression。
ソースはこちら

ほとんどの章が,

Introduction
Cognitive model
Key Cognitions
Behavioural experiments ...
という構成になっているので,
Key cognitionsのところまで,かいつまんで説明しようと。
その目的には,非常に便利にできている。
~2・3学期の予定も考えて,いくつかのコンセプトには慣れておいてもらえれば,と思って。

|

« 新年度委員会N | Accueil | 過剰な反応,というコトバに過剰に反応する »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/9789098

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-1-3:

« 新年度委員会N | Accueil | 過剰な反応,というコトバに過剰に反応する »