« 13万 | Accueil | にもかかわらず学 »

17 avr. 2006

放送大学教材の『神経心理学』

を手に入れる。

patient-basedな神経心理学のみ,というわけではなく,
認知神経科学の教科書的でもある;
というか,neurophysiologicalなサルの研究の紹介が多い。

基本的にlobe別(association area別?)構成で
 頭頂連合野に6章,とすごーく気合いが入っている。
 高次運動制御機能に2章。
 側頭連合野に4章。
 前頭連合野は1章,と軽い扱い。
(後頭葉はどこへ?)

 *

400ページ強の分厚い教科書
思うに,
講義に用いるための
心理学として神経心理学を学ぶ教科書として,
はじめて日本語でオリジナルに書かれた本なのではないだろうか。

しかも,
放送大学の講義は「ラジオ」によってなされているらしい。
時間帯的に聴講(まさに「聴」講)するのは私には難しいのですが。
興味津々なんだけど。

それにしても。

驚くばかり。

|

« 13万 | Accueil | にもかかわらず学 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

400ページ強ですか。
すごい。。。

放送大学はもちろんテレビでの講義もありますが、神経心理学はラジオなんですね。テレビで図つきでやっってくれたらおもしろいだろうなぁ。わかりやすいだろうなぁ。そしたら、絶対見るんですけどね。

さてさて、生理心理学のレポートを書かねば。
今、参考文献を読んでいますが、面白いです。

Rédigé par: aoi | le 17 avr. 2006 à 23:46

ページ数もさることながら,
定価も4,800円(税別)と。

けっこう図版豊富です。
きっとテレビだったらフリップになるところ,
すべてこのテキストに盛り込んだということでしょう。それはこの本の良い点だと思います。

ラジオではどのように語られるのでしょうかね。
図を解説してくださるのかしら?
...となると,きっと私が大学でする「講義」よりも(図が手元にある分)受講者フレンドリーだと思います(ちょっと反省)。

レポートおつかれさまです。

Rédigé par: m0ch1 | le 18 avr. 2006 à 23:02

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/9640963

Voici les sites qui parlent de 放送大学教材の『神経心理学』:

« 13万 | Accueil | にもかかわらず学 »