« 小学校第三日目のカリキュラム | Accueil | 060413m »

13 avr. 2006

暗黙の・身体化された交通ルール

が形成されていないため,
時限の間の移動時間は,
新学期,というより新入生でごった返すキャンパスは大変。

特にこちらは,「自転車」使用者が多いため,歩行者-自転車接触危険性が高い。

いくつかのボトルネックなポイント通過に難渋する。

歩行者が歩くべき場所ではないところを歩いている
 (ので,歩行者と自転車が交錯しがち)

歩行者集団・かたまりの密度が大きい
 (ので,自転車でヒョイと「すり抜ける」ことが困難)

歩行者は「ながら歩行」しているので周囲の状況へのattentionが弱い
 (しゃべりながら,とか,シラバス読みながら;
 ので,こちらがいつも以上に気をつかう必要が生じる)

歩行者や自転車の速度がゆっくりすぎる
 (ので,気を抜いていつもの調子で自転車をこぐと,すぐブレーキ;自分がこけそう)

駐輪自転車が「都会の駅前」状態
 (ので,「道路として」通過に利用できるスペースが狭い)

 *

当然のことながら,そんなことまでいちいちどこかに書いてあるはずもなく,
経験によって身につけなければならない。

東京のエスカレーターで,立ち止まる人は左側に,駆け上がる人は右側に
みたいな,あれです。

 *

だからまあ,4月中くらいは,いたしかたない。
「人口」も「走行および駐輪自転車数」も徐々に落ち着いてくるだろう。

|

« 小学校第三日目のカリキュラム | Accueil | 060413m »

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/9566809

Voici les sites qui parlent de 暗黙の・身体化された交通ルール:

« 小学校第三日目のカリキュラム | Accueil | 060413m »