« 放送大学教材の『神経心理学』 | Accueil | 060420b »

18 avr. 2006

にもかかわらず学

昨日の「神経心理学本」ですが,3章まで通読しました。

気になったこと。
「~にも拘わらず」という記述が多い。

症状の記述・定義は,どうしても
 「Aではない にもかかわらず Bである」
 「Cである/Cができる にもかかわらず Dができない」
てな形式になっていて。

そうやって,AとB,CとDが
異なる情報処理メカニズム・異なる心理機能である
(時には脳損傷部位が異なるというobjectiveなデータを伴って)
ことを証明していくことになる。

神経心理学とは,にもかかわらず学である。
それがイロハのイ。

orthographicallyには,
漢字表記の場合,

~にも関わらず

は絶対的に誤りであり,

~にも拘わらず

が絶対的に正しい。

論文などではひらがなで書く習慣にしておくのが無難かと。

 *

にもかかわらず,については,
すでに
editechさんが 「にもかかわらず」の研究 で,言語学的に言及されています。

それにもかかわらず,
相変わらずATOKは「関わらず」(韻)。

|

« 放送大学教材の『神経心理学』 | Accueil | 060420b »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

07. INTERESTING 【興】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/9658152

Voici les sites qui parlent de にもかかわらず学:

« 放送大学教材の『神経心理学』 | Accueil | 060420b »