« 妙な新聞トップ記事 | Accueil | 卒業研究第一次発表会予演 »

26 mai 2006

性格心理学I06-1-6

「いやあ昨日の夜熱を出してね,ほんと今朝休講にしようか迷ったんだよ~」と
冒頭で言ってみたところ
<<なんで休講にしねえんだよ~>>(ザワザワ)な雰囲気漂う。

「でもな,連絡するにしても今朝のアサイチのタイミングなわけだし。
朝からせっかく学校に出てきたのに,もし休講だったら
『マジで?!せっかく来たのによぉ~』とか思うんじゃないかと思って」と
続けて言ってみたところ
<<ま,それもそうだな>>な雰囲気漂う。

人によって反応の強度は異なるものの,このように相反する気持ちが同時に生じるとき
なんていう?
「葛藤」です。はい先週の復習終わり。
(いつも最初の10分くらいは「先週の復習」にしているのです)

 *

で今週は「性格研究の方法」。
観察法,面接法,テスト法(質問紙)まで。

NEO-FFIを用いました。

プロフィールの形状があれこれ異なることを経験してもらいました。
また
N・E・O・A・C5因子のすべてがプロフィール上の「平均」の位置であった人は
受講生にはひとりもいませんでした。

 *

体調のせいか単純に暑かった・湿度が高めだったせいか,
汗だくで授業を。

|

« 妙な新聞トップ記事 | Accueil | 卒業研究第一次発表会予演 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

そして「出席カード」の枚数を数えたら,
今学期で最も出席者数が多かった。

休講にしなくて,よかったでしょ?

Rédigé par: m0ch1 | le 27 mai 2006 à 05:39

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/10247768

Voici les sites qui parlent de 性格心理学I06-1-6:

« 妙な新聞トップ記事 | Accueil | 卒業研究第一次発表会予演 »