« 060508[mz1] | Accueil | メイ会議デイ »

09 mai 2006

遂行機能とワーキングメモリと学業成績

いつのまにか,ABの区分がなくなったのね,この雑誌。
Bは薄めだったもんなぁ...
ちょっとそそられたので以下の論文をご紹介。

Executive functions and achievements in school:
Shifting, updating, inhibition, and working memory

11歳~12歳の少年少女51人を対象に,
遂行機能課題6種
(一般心理学業界や精神医学業界では実行機能ともいう;神経心理学や高次脳機能障害学業界では遂行機能という)
working memory課題4種(ワーキングメモリだったり作業記憶だったり作働記憶だったり)
を施行し,学業成績(英語=UKの"国語",算数,理科)との関係を探った。

遂行機能課題の成績を,主成分分析varimax回転によって
Updating(入ってくる情報を随時「更新」する能力)と
Inhibition(優勢な反応を「抑制」する能力)
の2種類ととらえる。
(このあたりは,Miyake et al. 2000の凄すぎる論文との対比;
今回の研究ではMiyakeらとは異なり"Shifting"が出現せず---年齢的なもの?Shifting課題そのものの何か問題?)
Updatingはworking memory(WM)-言語性のと,視空間性のと両方を含む。

遂行機能と学業成績(他方をpartialled out),
Updating=WMは英語成績との相関 r=.62,算数との相関 r=.45 で,有意な正の相関
(理科とは r=.19でn.s.),
Inhibitionは英語と r=.31,算数と r=.36,理科と r=.34で,いずれも有意な正の相関。

WMを言語性と視空間性に分けて(偏相関で)みると,
言語性WMは  英語と r=.33
視空間性WMは 英語と r=.42,算数と r=.50,理科と r=.35 (いずれも有意な正の相関)であった。

 *

遂行機能発達→学業成績向上?,学業成績向上→遂行機能発達?
因果の方向性はわからないが

ともかくも関連はあるそうで。

 *

遂行機能:
更新も抑制も学業(成績)に関係している。
しりとりで,英語と算数を(算数ってのは違和感あるな),
後出し負けジャンケンで,英語と算数と理科を...xxx...(それ以上言うとあのテの商売みたいなので自粛)

→抑制の方は要するに,
  「遊びたいのをこらえて椅子に座って先生の話を聞いて勉強する」ということかな?

ワーキングメモリ:
結果だけをみると,視空間性WM能力の学業に対する"汎用性"は思ったより高いのかも。
「まちがいさがし」や「めいろ」などで,英語と算数と理科を...xxx...以下自粛

→なんでしょうねこっちは。
  「外空間の事象への選択的注意というか集中力」みたいな感じでしょうか?
  「外空間の事象を表象として脳に置き,それを利用するイメージ力」みたいなものでしょうか?

|

« 060508[mz1] | Accueil | メイ会議デイ »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/9979482

Voici les sites qui parlent de 遂行機能とワーキングメモリと学業成績:

« 060508[mz1] | Accueil | メイ会議デイ »