« 卒業研究第一次発表会臨床領域2006 | Accueil | 本日の研究者的会話inエレベータ »

31 mai 2006

健康診断

あらかじめ記入した「問診票」,
年齢を+1間違えて書いてしまい,直前に二重線で修正したところ。
何度も何度も確認されてしまいました。
どうも,+1歳になると,検査すべき項目が増え(心電図とか聴力とか),
さらに採血が1本から3本に増量されるためらしい。

来年。
増量。いっきょに3倍ですか。
ぞぇ~。

さていつもの,
体重・血圧・採血の恐怖喚起3点セット

体重は,思ったほどには...

採血は,またも平気でした(まあでも,検査結果はきっと,いつもの...でしょう)

今回は,血圧。
いつも1回目はダメ。2回目で下がるんだけど。
今日は都合3回測定,
(2回目と3回目の間を5分くらい安静にしたんだけど)
あまり下がらなかったね。

環境要因もあるでしょう

 *

視力を「矯正」(自分の場合メガネ)でしか測定させないのは,まことに遺憾な所行です。
裸眼でどうかを測定するものでしょう,視力検査って?違います?
矯正視力だけ測って,「ハイ1.5,1.5で~す」なんて。なんか意味あるのか。
用紙の記入欄もそうなってるんだからさあ。

裸眼でも測ってもらえるのか尋ねたら,
測定を担当している女性にものすごくイヤな?ハァ??という顔をされて,
でもちゃんと測ってもらいました(アサーティブなんです)。
「サービスで」と念を押されました。
(気持ちの中で逆ギレ。そのときの思考の中身は,
「最初から,まず裸眼で測るようにすべきではないだろうか」←婉曲的に,ね)

右は裸眼で1.2(おお,視力改善か),左は「要矯正レベル」らしいです。
左だけの片メガネ(っていうのかね,あれ)にでもしてみようか。

|

« 卒業研究第一次発表会臨床領域2006 | Accueil | 本日の研究者的会話inエレベータ »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/10330573

Voici les sites qui parlent de 健康診断:

« 卒業研究第一次発表会臨床領域2006 | Accueil | 本日の研究者的会話inエレベータ »