« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-1-7 | Accueil | 性格心理学I06-1-7 »

01 juin 2006

「可変的自己」というコンセプト

ビビッと(*)きた人がいるらしい。
メモしておこう。

私たちの考えたそれとは異なる意味(たぶん)で用いている人たちが
すでにいるようでっせ。

(*) 「松田聖子のように」と言ってました。

...先行きはやや不安です。

|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-1-7 | Accueil | 性格心理学I06-1-7 »

05. LAB. 【房】」カテゴリの記事

Commentaires

一日経ってもう一度考えてみると,
これって
未だかつて見出されたことのない,
「ふたりいる院生に共通のコンセプト」
なのかもしれないな,とか,妄想してみる。

「そうしようと思えば適度に演技してふるまえる自己」とは,
「ほどよく安定な自己(評価)」
だったりして。

Rédigé par: mochi | le 02 juin 2006 à 16:51

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/10347675

Voici les sites qui parlent de 「可変的自己」というコンセプト:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-1-7 | Accueil | 性格心理学I06-1-7 »