« カテゴリカルな対人知覚に抗したいきもち | Accueil | 060812[bx2] »

12 août 2006

060812[mz1]

060812[mz1]-1 depression; dysphoria; self-focused; rumination; homographs
Am I Blue? Depressed Mood and the Consequences of Self-Focus
for the Interpretation and Recall of Ambiguous Words

 # 抑うつ→反芻→自己焦点化を
    homographsを用いて作成される文章内容(実験1),
    homographsを用いた連想後の記憶想起(実験2)で検討。
    →より個人的,より否定的になる。

060812[mz1]-2 expressive writing; processing mode; trait rumination; emotional vulnerability
Processing Mode Influences the Relationship Between
Trait Rumination and Emotional Vulnerability

 # 特性反芻と処理モード(抽象的・評価記述的 vs. 具体的・過程記述的)の交互作用が,
    筆記表出による感情変化に及ぼす効果について。
    →具体的に,過程を記述したほうがいい。

060812[mz1]-3 depression; expressive writing
Benefits of Expressive Writing in Lowering Rumination and Depressive Symptoms
 # 過去に抑うつを経験し寛解した(抑うつ脆弱性のある)人々に対する,筆記表出の効果。
    →情動抑制(suppression)得点の高い人々の,6ヶ月後の抑うつ症状の低さ。

060812[mz1]-4 depression; fascilitated cognitive disengagement; learning
Facilitated Cognitive Disengagement in Depression
 # あるタスクの学習(learning)し,その後再学習(relearning)(ルールが変更される)をさせると,
    抑うつ得点の高いグループは,再学習の効率が良い(=disengagementが促進される)。
 # ちゃんと読んでみないと,発想も,話のロジックもわからん。

んなわけで,

ここの公開筆記表出
ありったけ具体的にプロセス記述的にして自身の精神的健康度を高めたいと思う次第ですが,
いかんせんそうするといろいろな方位に「差し障り」が生じたり,
他者の精神的健康度を低下させる☆可能性もないわけではないところが,
難といえば難。

 *

(☆:余談)
よくこういった文脈で,日本語雑誌論文的/口頭発表的には
 精神的健康度を低める
 精神的健康度が低まる って書いてあったり話されたりするんですが,
どうも私的な語感ではしっくりこない。特に「低まる」が。
いやね,高める/高まるにはなんも抵抗感ないし,
辞書にも低める/低まるっていう項目があるわけだから
論理的には何も問題はないんだけどさ。
なんででしょう。
論理だけでは説明できない現象。
それ聞くと,スイッチが切り替わってしまって,にわかに戦闘的反論的モードになってしまうのです。

|

« カテゴリカルな対人知覚に抗したいきもち | Accueil | 060812[bx2] »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11402804

Voici les sites qui parlent de 060812[mz1]:

« カテゴリカルな対人知覚に抗したいきもち | Accueil | 060812[bx2] »