« 060829[bx3] | Accueil | 可能性が示唆される »

29 août 2006

060829[bx2]

060829[bx2]-1 memory; strategy; differences; fMRI
Functional-Anatomic Correlates of Individual Differences in Memory
 # 記憶力の個人差について。符号化(encoding)ストラテジーと脳活動と成績の関連を。
    視覚呈示された"interacting object pair"
   (その号の表紙小さすぎてわからないけど)を覚える課題。
    被験者は事後に"strategies Questionnaire"に回答→主成分分析によると4つのストラテジーが
    (言語精緻化elaboration成分,心的イメージ成分,視覚的精査inspection成分,記憶想起成分)。
    言語精緻化成分と視覚的精査成分の得点が高いと,テスト時のペアの想起成績が良好。
    そこでそのふたつの成分と脳活動の関連を。
    言語精緻化 → left BA45/47の活動と有意な正の相関,left BA6/44と正の有意傾向。
    視覚的精査 → left BA19/37の活動と有意な正の相関。
    そしてまた,それらの部位の活動とテスト成績も有意な正の相関。

ま,サジェストされた生活上有益かもしれない事柄は,
見て,視覚的によく調べることと(後頭葉extrastriate),
覚えるべき事柄を言語化してみること(前頭前野,特に下前頭回)は
それぞれ独立した影響力によって,
記憶想起の成功率をあげるようです。
どっちもやったほうがいい,と。
(今回の実験では,心的イメージと,自己関連づけ的想起ストラテジーは有効ではなかった)

 *

個人差
このように個人差の論文がどんどん出てくるようになると,
なかなかそれを切り捨てられなってくる(し,積極的に考慮すべき事項になってくる)でしょうね。
質問紙を織り交ぜるってのもね。
さらにいっそうの,心理学徒の出番かもよ。

|

« 060829[bx3] | Accueil | 可能性が示唆される »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11666111

Voici les sites qui parlent de 060829[bx2]:

« 060829[bx3] | Accueil | 可能性が示唆される »