« 大学院入試(ヒューマン・ケア)2日目 | Accueil | 夏季休暇の最中なのです »

23 août 2006

Gmailアカウントを取得する

Google、日本でも Gmail を一般公開――招待されなくても利用可能に

という記事を見て,さっそくアカウントを取得してみる
(だってそういうのってなんでも早い者勝ちじゃない?)

名姓(もちろんローマ字)@gmail.comのは既に取得不可で,
...同姓同名の人がネット上でも何人もいるからね...
姓名@gmail.comでチャレンジしたところ,めでたく取得できました。

で,いろいろ操作してみるとけっこう簡単に,
送信時のアドレスをgmailではなく大学のメールアドレスにして,
学外からたやすく送信できることが判明
(↑そんなに簡単にできるのか;ふーん)。

それでもちょっと気味が悪いので,多少の細工を。
差出人の<名前>の末尾に/gとかついていたら,
おじいさんのわたしという意味ではなく
どっか外からメールを送っているということです。そういうことにした。

 *

それでもなんとなく,あのGoogle様だけに,
メールの内容に関してどの程度プライバシーが保たれるのか心配なところはあるが
そこはちゃんと心得ているらしく,こんな但し書きが。
さらに,詳細に。
これらを読むと,プライバシー(やその侵害)とはいったい何がどこまでそうなのか,
あらためて考えさせられる(というか,むしろよくわからなくなってくる)ところはあります。

機密事項は,直接,または封書ですね。
最機密事項は,直接密室でやるしかありませんね。
将来もずっと。

 *

とりあえず,私の「生きている」メールアドレスはこれで5つくらいになるんだが。
転送設定をどうするかとかあれこれ考えると,
(↑無限ループにならないようにとか;どれを最終的にするか,それまでの経路をどうするかとか)
「システム論的」「ネットワーク」思考が必要ですな。
やや苦手。

|

« 大学院入試(ヒューマン・ケア)2日目 | Accueil | 夏季休暇の最中なのです »

11. STATEMENTS 【告】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11576702

Voici les sites qui parlent de Gmailアカウントを取得する:

« 大学院入試(ヒューマン・ケア)2日目 | Accueil | 夏季休暇の最中なのです »