« 060831[bx1]逐字読みをシミュレートする | Accueil | 誰も泣きませんでした »

31 août 2006

泣くのは誰か

さあ,これから帰って。

泣きながら

夏休みの宿題

のお手伝い

をしなくては。

「泣きながら」は,
宿題をすべき娘にかかるのか,
お手伝いをする私たち父母にかかるのか。

非「学習系」の,
絵日記とかアサガオの観察記録とか,そういうの。
episodic memoryのvisually recall taskということでございます。

 *

しかも明日は,「学力系」の「夏休み明けテスト」が開催される模様。
小学校って,たいへん。

 *

なお,研究室の皆様は,
明日,14時30分スタートで,
夏休みの宿題をちゃんとやってきたか,
チェックさせてもらいます(笑)
泣かないよね?
泣かせないよね?

|

« 060831[bx1]逐字読みをシミュレートする | Accueil | 誰も泣きませんでした »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

はじめまして!

コメントするには、かなりの敷居の高さを感じつつ
宿題ネタなら何とかなるかしら…と思いましたので
書き込みさせていただきます。

やっぱり、わが子の宿題というものは…
やっかいなものか、達観するか?
というジレンマに、私は、まだ答を出せずにおります。

実は「ポジティブバイアス」なる言葉を検索していて
ヒットいたしました。

あくまで、私は素人の一母親ですので
興味は多々ありますが、難しげなお話に目を丸くしております。

いわゆる「発達障害」があるのでは…という息子と
「チョッと(?)変わったオモシロい子」目指して
奮闘中(?)なので、時々お教えを乞いに伺いたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Rédigé par: 風待人 | le 04 sept. 2006 à 15:03

風待人さん,はじめまして。
「ポジティブバイアス」のご縁でお越し下さったようで,ありがとうございます。
いつでもコメントをお寄せください。

私たちはついつい単純に,
ポジティブ(P)の反対がネガティブ(N)で,
Nなものの見方・考え方をしているとそれを小さくしようと思いがちですが,
それらはベツモノなので,
「Pを大きくしよう」もアリだと。
つまり,両刀使いでいけるのでは,
そんな話のところですよね。
これって,私たちのふだんの生活にも(子どもへのかかわり方も含めて)
使えそうですよね。

私は今回(娘は1年生なので初めての夏休みでした)
達観できませんでしたねぇ。
来年の夏休みどう変わるか楽しみにしたい...
ところですが,またくり返してしまいそうな。
環境を整えること(Nを小さく),
変化・成長を期待すること(Pを大きく),
両刀使いでまいりましょう。

Rédigé par: m0ch1 | le 05 sept. 2006 à 18:24

お返事ありがとうございます!

「環境を整えること(Nを小さく),
 変化・成長を期待すること(Pを大きく)」

これは、まさに然り!!ですね。

されど、『言うは易し、行うは難し』ということもあって…

もしかしたら、親子であることと何らかの理論とを
結ぶのか、それとも切り離すのかは
かなりの難問のようです。

確かに「両刀使い」を目指して、
できれば楽しい修行といきたいところです。

また、お話を伺いに参ります!!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Rédigé par: 風待人 | le 05 sept. 2006 à 19:11

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11704827

Voici les sites qui parlent de 泣くのは誰か:

« 060831[bx1]逐字読みをシミュレートする | Accueil | 誰も泣きませんでした »