« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-1 | Accueil | 060907[bx2]モード・オブ・ファンクショナル・コネクティビティ »

07 sept. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-1

Self-Criticism, Failure, and Depressive Affect: A Test of
Personality–Event Congruence and Symptom Specificity

「自己批判」パーソナリティと失敗場面と抑うつ感情

2学期・3学期は,受講生が論文を読んできてレジュメを作り,
発表するというスタイル。

2学期は「実験」系です。

 *

若林さん担当。のはずでしたが。
急遽私が口頭説明することになりました。

 *

抑うつ脆弱性としてのパーソナリティとして,
needs for achievementの強いself-criticism(自己批判性),
interpersonal strivingsの強いdependency(依存性)がある(Blatt et al., 1976)。
 ※Beckのautonomy(自律性)/sociotropy(社会志向性)のようなもの。

抑うつ感情としては,
introjective(=feeling of inferiority)な感情と,
anaclitic(=feeling of abandonment)な感情がある。

そこでこの研究では,
laboratory stress-induction paradigmを用いて
(課題-成功/失敗フィードバック条件を設定し),
パーソナリティ-出来事の(内容)一致性
  ~ 自己批判性パーソナリティ×失敗→introjective抑うつ感情の上昇
     (依存性パーソナリティにはそれがみられない)(☆)
症状特異性
  ~ 自己批判性パーソナリティ×失敗→introjective抑うつ感情の上昇
     (anaclitic抑うつ感情ではみられない)(★)
ことを仮説として検討した。

 *

階層的重回帰分析によって,
introjective抑うつ感情を従属変数としたとき,仮説通り,
自己批判性×課題失敗フィードバックの交互作用項が有意であり,
依存性×失敗交互作用項は有意ではなかった(☆)
また,
anaclitic抑うつ感情を従属変数としたとき,
交互作用項の投入によるR^2の増分は有意ではなかった(★)

これらの結果は,課題フィードバック直後の抑うつ感情について
仮説をほぼ支持するものであったが,
・follow-upの,24時間後の感情に対しては上記の効果が認められず,
・(ありそうな話なのに)
 自己批判性×成功→introjective抑うつ感情の低下はみられなかった。

|

« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-1 | Accueil | 060907[bx2]モード・オブ・ファンクショナル・コネクティビティ »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11799033

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-1:

« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-1 | Accueil | 060907[bx2]モード・オブ・ファンクショナル・コネクティビティ »