« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-4 | Accueil | 性格心理学II06-2-02 »

28 sept. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-4

Intolerance of uncertainty and information processing:
evidence of biased recall and interpretations.

「不確かさの耐えられなさと情報処理:再生と解釈のバイアス」

※ intolerance of uncertainty はなんて訳せばいいか,いつも迷うところ。
  IUとしておく。

松井さん担当。

で,そのIUとは認知バイアスのひとつであり,
 あいまいな状況をストレスフルでイライラさせられるものと考え,
 予期せぬ出来事はネガティブで避けるべきことであり,
 将来が確かでないことは不公正(unfair)だ,
などと過度に考える傾向のこと。
以前より,全般性不安障害(GAD)や心配(worry)との関連が指摘されてきた。

研究1:単語偶発学習課題で,
→高IU群は,あいまい語(vs. 中性語)をより多く再生した。

研究2:IUと心配,不安,抑うつの関係を質問紙で調査。
"The Ambiguous/Unambiguous Situations Diary"というのを使って,
あいまい/非あいまい状況への関心度を調査。
→高IU群は,あいまい状況により関心を示した。
→5つの測度の相関の結果から,心配,不安,抑うつにくらべてIUが
 最も「あいまい状況への関心度」と関連がみられた(階層的重回帰分析でも確認)。

 *

IUが過度の心配(excessive worry)に至るまでのプロセスには,
 (1) 不確実情報の内的表象が活性化される
 (2) あいまい情報を脅威的に解釈する傾向 のコンビネーションが関わっている。

 *

発表者の松井さんは,
なぜ,あいまい状況への関心度の高さ=脅威的に解釈
という論の流れがよくわからなかったとおっしゃってましたが,
それは正しい指摘でした。だって,脅威的か否かは何も問うていないから。

 *

今日は私,
教育的な意味で「あいまいさに耐えられなかった」みたいです,ハイ。
(1)はなかったけれど,(2)傾向はありました。
ゆえに,"過度に心配"はしませんが。

|

« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-4 | Accueil | 性格心理学II06-2-02 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12075879

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-4:

« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-4 | Accueil | 性格心理学II06-2-02 »