« seven years old | Accueil | 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-1 »

07 sept. 2006

[楔前部 読み]検索者へ

precuneusですね。
けっこうこれだという決着のつかないところです。

たとえば『脳単』では,「ケツぜんぶ」です。
知り合いも,そう読む人が多いかと。

しかしながら,
この楔(くさび)という字を漢和辞典でひいてみますと,
音読は「セツ」と書いてあります。
(辞典によっては,「セツ」「ケツ」の両方書かれています;
 「ケツ」しか書いていない辞典に出会ったことはありません。)

ゆえに私は,「セツぜんぶ」と読みます。

「キツ」と読む人もありますが,それは正しくないと思われます。

|

« seven years old | Accueil | 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-1 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

10. For-the-SEARCHER 【鏡】」カテゴリの記事

Commentaires

我が意を得たり!

看護学校の講義をさせられることになって、
読みを間違ってはならぬと思って、
骨単を引っ張り出してきて確認していたら、
楔状骨:けつじょうこつ
と書いてあって、くらくらしてしまいました。

ずっと「せつじょうこつ」
と、読んできました。
もちろん、「楔前部」は「せつぜんぶ」
と、読んできました。

しかし。自己矛盾なのですが、
鼻腔、口腔、腹腔に関しては、
「びくう」「こうくう」「ふくくう」と読んでしまいます。
腔の字にも「くう」の読みはなく、
正しくは「こう」であるべきです。
腔腸動物は、「こうちょうどうぶつ」と読むのに、
本当に自己矛盾です。
ただ、これら単語は使用頻度が高すぎて、
自分ひとりが「こう」と読んでいては、
通じないおそれがあるので、
慣例として、「くう」と読んでいると、
自覚して使っています。

楔状骨を妥協するかどうかなのですが、
使用頻度がそれほどでもないので、
たぶん、今後も「せつじょうこつ」と読むと思います。

踵骨は使用頻度が高く、
骨単でも「しょうこつ」とふりがなされていますが、
「しゅうこつ」と勘違いしている人も多く、
「しょうこつ」といった後、「かかとの骨ですが」と、
付け加えることにしています。

Rédigé par: yasukabe | le 20 févr. 2011 à 12:56

yasukabe さん

コメントありがとうございます。
そうなんですよね~

慣例読みを取るか,辞書的に正しい発音をするか,
悩ましいときがあります。

前者をそれは誤用だと言っても,
それを教えないと通用しなかったり。

少しニュアンスが異なりますが
「片麻痺」を
かたマヒ と呼ぶか ヘンマヒ と呼ぶか気になっています。
疾患名で訓読みすることはまずほとんどないので
そこを かたマヒ と呼ぶのは ヘン でしょー!といつも言っているのです
(けど,通例は かたマヒ です)。

とはいえ,右と左は,「みぎ」「ひだり」と読みますよね。
...自己矛盾です。

Rédigé par: m0ch1 | le 21 févr. 2011 à 07:10

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11797412

Voici les sites qui parlent de [楔前部 読み]検索者へ:

« seven years old | Accueil | 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-1 »