« 060903[bx1] | Accueil | 委員会R(8月申請分) »

04 sept. 2006

臨床心理演習という名の神経心理講義(MC)-1

初回です。
私にとっては,今学期初授業。
毎週この曜日3・4限通しの,学期完結型。

「なぜこの授業を受講しようと思ったのか?」本日教室に来られた皆様にお伺いし,
「私がどのような経緯で,シラバスに書かれているような内容を考えるに至ったか」を
配付資料付きでご説明し,
 ...私の専門関心+社会的動向や期待+「教育」研究科の授業...
さらにこの授業で扱う書籍候補の2冊について目次を使ってご紹介したうえで,
3つのプランをご提案させていただき,
授業の進め方を集団的意思決定=多数決によって決めさせていただきました。

そのような営業職的ふるまいも可能です。
需要に応じた供給。

はい。
みなさん「サイエンス志向」で何よりです。
 心のことは何も臨床心理だけでしか扱えないわけではないのです。
 むしろ希少価値のある(?)異なる視点作りもあってもいいでしょう。
 別ルートからの,「学習・生活支援」を考えてみましょう。

んなわけで,

臨床心理演習
 あらため
学校神経心理学
 あらため
認知神経科学(当然神経心理学含む)+α
という感じになりました,実質的には。
もちろん,LDやADHDなどの神経心理学につなげていきたいとは,思ってますよ。可及的に。

そしてなにより講義です。

つまり,
  臨床心理演習
 → 神経心理講義

 *

本日意思決定前に,"事前逃避の意思決定"をされた方々でも,
内容に多少なりともご関心があるならば
(「科目名」だけで来られた方はアウトかもしれないが),
復活ご出席もなんら問題ありません。
英語の文献読んでレジュメを作って発表するという,
いわゆる[演習的デューティー]は消失しましたから。ね。

 *

この授業の表記をS-CN(School Cognitive Neuroscience)
って書くことにする。
表記と識別性のみの問題。
名称とコンテンツについてどうこうではなく。

|

« 060903[bx1] | Accueil | 委員会R(8月申請分) »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11757823

Voici les sites qui parlent de 臨床心理演習という名の神経心理講義(MC)-1:

« 060903[bx1] | Accueil | 委員会R(8月申請分) »