« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-3 | Accueil | 性格心理学II06-2-01 »

22 sept. 2006

不参加

結局,今やってる,名古屋の学会には参加しないことにしました。

熱田詣でも,
kozeさんおすすめの蓬莱軒も,
またの機会に。

|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-3 | Accueil | 性格心理学II06-2-01 »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

参加して帰ってきました。お会いできず残念でしたよ。
しかし、今回はいろいろな方々とディスカッションでき、個人的には大変満足行く学会でした。行為研究の火は静かに燃えていると感じます(なんて)。
ではまたの機会に。

Rédigé par: kob@kyoto | 23 sept. 2006 23:41

kobさん

おお,お帰りなさい。
おつかれでした。
収穫が多かったようで何よりです。

> 行為研究の火は静かに燃えていると感じます(なんて)。

最後まで残された聖域ですから,マニアの(笑)

でもほんと,この学問で最も血湧き肉躍る領域だと思うんですよ,
なんてったって「行為」研究なんですから。
火がつけば,みんなヒートアップするしね,質疑とか。

そろそろ私が「行為」で売ってきたことは風化しつつある?ヤヴァイな。

Rédigé par: m0ch1 | 23 sept. 2006 23:56

ネット上で「炎上」という用語で呼ばれているような現象が,学会でも起きるといいですね
(そんなの見たことも聞いたこともないけど;なんか予定調和的なんだよな)。
口頭演題はかなり時間制限があるけれど。
*発表された内容についてであること。
*発表者・質問者,また質問者も誰もが対等であること。
 (特に座長がフロアの質問したい人が知人・有名人なときは○○先生と呼び~しかもそういう人にあてがち,
 知らない場合は,はいそちらの人,とか呼ぶような,公正でないのはいただけない
 →若者がいかに質問しにくいか,座長をする頃になると忘れちゃうらしい)
*(その場の議論に必要なことを越えた)知識なり蘊蓄なりを披露しないこと。
*短く質問,短く応答。
*「貴重な症例の報告をありがとうございます」
 「興味深く拝聴しました」
 「私も同じような症例を経験してまして」
 のような<枕言葉は絶対言わない>,
 というルールで。

 *

え,もちろん特定の学会のことを言っているわけではありませんよ。
ぜんぜん。

Rédigé par: m0ch1 | 24 sept. 2006 01:19

個人的に、今回の学会で質疑をするのが目標だったんですが、上に書かれてるような要因にも阻まれ、できませんでした。一人質問1個にして欲しいくらいですわ。3つとかするのはズルイ。まあ、フロアで質問したために、たっぷり時間が取れたので良かったのですが。

ちなみに、学会から意気揚揚と帰ったはいいですが、黄色い雑誌からリジェクト食らってました…。一転して不愉快に…。まあ1勝1敗(なのか?)ってことで頑張ります。

Rédigé par: kob@kyoto | 24 sept. 2006 23:09

kob先生

あらあら。
「黄色い雑誌」には
アルファベットで書かれてる老舗のひとつと
漢字かな交じり文で書かれてる賞金30万のやつと
2種類ありますぜ。

まともかく「別の雑誌にトライ」でしょうか。
おつかれさまです。

Rédigé par: mochi | 25 sept. 2006 16:35

L'utilisation des commentaires est désactivée pour cette note.

TrackBack


Voici les sites qui parlent de: 不参加:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-3 | Accueil | 性格心理学II06-2-01 »