« 委員会R(8月申請分) | Accueil | 服の供給源 »

05 sept. 2006

あさがお運搬係

夕方,娘の小学校にあさかおの鉢を私が持って行きました。
「あさがお,お届け!」(ピザー☆お届け!のイメージで)

誰にも会いませんでしたが,
あさがおの鉢を持って小学校に侵入する私,の図,
なんかちょっと気恥ずかしかったです。

学校で3つタネをまいて,
3つとも芽が出てきてつるも伸び始めてきた頃
家に持って帰ってきたのですが,
「どれか1本にして,あとの2本は抜く」というのが
そのときの,学校の先生からの指示でした。

でも抜かなかったんですよ~
で,本日現在どうなっていたかというと,
2本は早咲き(ていうか普通咲きで,今は種に),
残る1本は今頃毎日一輪か二輪花をつけてます。
もしこの,今咲いている1本だけを残して先に咲いた方の2本を抜いてしまっていたら,

夏休みの「あさがお観察」は
 「どんどんつるが枝分かれしています」
 「花はまだ咲きません」
 「やっとつぼみのようなものができてきました」
みたいになってただろうな。

今日妻がそれでもと抜こうとしたら,根が絡まっていて(もちろんつるも)
結局そのままの状態で持って行ったわけです。

 *

娘には,
「先生,どうして3本を1本にしろって言ったの?」
とぜひ聞いて欲しい。
そしてマリ先生には答えてほしい。
そういうことが理科...じゃなくて「生活科」の幅を拡げるのでは?

(指示通りにしなかったことへの釈明行為...ですかねこれって?何タイプ?)

|

« 委員会R(8月申請分) | Accueil | 服の供給源 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

何だか無性に懐かしい「アサガオの観察」風景ですね!

近ごろ、子どもを(または子どもの行動)を良く観てみるというのが
日課になりつつあります。

一年生のお嬢さんは、お父様としては、さぞかし可愛らしくて
仕方がないでしょうね…

そんなふうに、関わることができるのは
ほんとうに、おしあわせだと思います。

これから、教育界に向ける視線も、キビシクなるかもしれませんね。

あくまで、私の印象ですが
現場の先生方も、一生懸命なのに、なかなかにタイヘンでいらっしゃるようです。

子どもたちの学びが、楽しく前向きに、すくすくと…
そんな魔法のような手立ては、簡単には見つからないものでしょうか?

Rédigé par: 風待人 | le 05 sept. 2006 à 19:21

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11772582

Voici les sites qui parlent de あさがお運搬係:

« 委員会R(8月申請分) | Accueil | 服の供給源 »