« 早く行ったかいがありました | Accueil | 総合科目347/350 »

11 sept. 2006

S-CN(MC)2006-2

かなり意味不明なタイトルですなこりゃ。
これです

1章と2章。
歴史とか。
ニューロンとか脳とか。

 *

スピノザのdual-aspectセオリーとか,
脳室重視な時代がながらくあったとか,
細部に注意が行ってしまって。

 *

今日みたいな日に
「ガマンの中枢=anterior cingulate」説
(one of my 師匠,personal communication)を話すと
ややウケします。

 *

次回はもうちょっと予習して,「板書計画」でも立ててみましょうか(笑)
3~5章を予定。

|

« 早く行ったかいがありました | Accueil | 総合科目347/350 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/11854408

Voici les sites qui parlent de S-CN(MC)2006-2:

« 早く行ったかいがありました | Accueil | 総合科目347/350 »