« 060924[mz1]PID4本 | Accueil | 060926[bx1]一緒に歌うこと »

25 sept. 2006

S-CN(MC)2006-4

5章の後半から7章の前半。
(実質的に2章分くらいは進んでいるが,ややずれ込んできた;ありがちなパターン)

前回の積み残し,TMSに触れたのち,
「見る脳」や
「空間的脳」
についてでした(基本的に視覚モダリティ)

眼球(網膜)→一次視覚皮質→それ以降。

皮質盲やブラインドサイトや色や
「動き視」(motion perceptionを運動知覚と訳すのには反対;actionと区別つかないじゃんか)や

物体認知や失認の統覚型や連合型やカテゴリー特異性や
顔や知覚-イメージの共通性(以上"What" system),

スポットライトや視覚性探索や頭頂葉やBalint症候群や(以上"Where" system)...

というところで時間になってしまった。

次回は大きなトピック,半側空間無視から。

そして,「行為する脳」,ついで「思い出す脳」という章です。

視覚から入るのがいいところは,
ビジュアルな情報が豊富であって直感的理解がしやすいところ。
これが言語や行為となると...

この本の「空間的脳」の章に 構成障害 が含まれていないのは,いただけないところ。

 *

やっとコンテンツに入ったので,少しずつネタを披露。
というか,やっと受講生を巻き込みながらできるという感じ。

|

« 060924[mz1]PID4本 | Accueil | 060926[bx1]一緒に歌うこと »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12034979

Voici les sites qui parlent de S-CN(MC)2006-4:

« 060924[mz1]PID4本 | Accueil | 060926[bx1]一緒に歌うこと »