« 浜松へ出前予定 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-5 »

05 oct. 2006

臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-5

社会的行動障害
(行動と感情の障害)

いつも使わせていただいている本にはそういう章はないので
(「評価」編の「頭部外傷による障害」がいちばん関係するところなのでそこと)
高次脳機能障害のリハビリテーション
の「行動と感情の障害」のところを使って概説する。

社会的行動機能
 → 前頭葉眼窩面や側頭葉前部の関与が大きい
   → その場所は頭部外傷の影響を受けやすいところ
     → 頭部外傷は若年者でその発生率が高い
       → したがって,就学・就職,復学・復職希望は大きい

といったことを説明したり,

そのほかの機能に比べて,評価が難しい
(パフォーマンスや能力を測定するような「検査」ではなく,
観察して評価するような形式になる~ギャンブリング課題ということはあるが)

といったことを説明したり,

認知リハビリテーションのようには,「リハビリテーション」「介入」を行うのが難しい
(まだ十分にその方法が知られていない)

といったことを説明したりしました。

|

« 浜松へ出前予定 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-5 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12163139

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-5:

« 浜松へ出前予定 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-5 »