« ところかわれば | Accueil | 061010[bx2]扁桃体とワーキングメモリ »

10 oct. 2006

【また】最大のストレッサーであるところの【電話】

朝大学に来てすぐ,
先日留守電に入っていた件について電話があり解決。
別に電話でなくてもいい話じゃないか。

めでたしめでたしと思って気を抜いていたら,

なんとすかさず「セールス」の電話がかかってくるではないか。

気分悪。
バカみたい。

すかさずガチャリと受話器を置き,
その手で再び電話線を抜いたのは言うまでもない。

 *

多くの皆さんは

 「勤務先に電話はあって当たり前」
 「学内なんだから電話番号を公開するのは当たり前」
 「(私が)線を抜いているなんて信じられない:業務に支障が出るだろう」
      (↑って実際言われたこともある)
と思っているようですし,
 「電話番号をメールの署名欄に書いていたり」
 「名刺に書いてあったり」
 「電話番号を教えていただけますかと気安く尋ねたり」
するわけですが。

私にはそういう考え自体が不思議でならない。
こういう不快さに平気なのが信じられない。

 *

ほんと,回線ごと返上してもいいくらいだ。
ろくなことがない。

|

« ところかわれば | Accueil | 061010[bx2]扁桃体とワーキングメモリ »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12226983

Voici les sites qui parlent de 【また】最大のストレッサーであるところの【電話】:

« ところかわれば | Accueil | 061010[bx2]扁桃体とワーキングメモリ »