« 061002[mz1] | Accueil | 委員会R(9月申請分) »

02 oct. 2006

S-CN(MC)2006-5

「空間的脳」の続き,半側空間無視から。
次の章「行為する脳」の最後まで。

もちろん,律儀にベーシックなところを押さえながらやっているつもりですが,

ロンドンのタクシードライバーの右海馬の大きさや,
anarchic/alien handや,
私たちが「意図」する前に運動皮質は活動を始めていることや,
ミラーニューロンとそのあれやこれやの発展的議論(言語の起源とか共感とか)の方向や,
Tichener錯視の真ん中の円をつまむときの手指の大きさには「錯」はないこと,など。

そんな話。

ご賢察の通り,
「行為する脳」は熱が入ってしまいまして

(まあ講義担当者によってどこにリキが入るかは,当然変わってくるでしょう),
結局今日は予定していたその次の章「思い出す脳」には到達できず。
次回送り。

 *

「行為する脳」はネタのセレクションはとてもよい。
ビジュアル要素を補強するとなおよいかもしれない
(neurophysiologicalな)

 *

「さっぱりチンプンカンプンなので,日本語で読める参考文献を教えてほしい」という,
私の自己効力感をめいっぱい低下させるような質問(?)
メッセージを投げかけてくださった方がいらっしゃったのですが...
「読み物」的なものではなく,「教科書」的なものを求められているようなのですが。

そいった意味で適切な日本語で書かれた教科書的書物って,
何をおすすめしたらよいのかちょっと悩む。
とりあえず,
このblogの右側<脳系>に挙げているようなタイトルが日本語な本を,参考までに。
図書館なんかで探すなら,
「神経心理学」「高次脳機能障害学」「認知神経科学」をキーワードとして探してみて。

|

« 061002[mz1] | Accueil | 委員会R(9月申請分) »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12124491

Voici les sites qui parlent de S-CN(MC)2006-5:

« 061002[mz1] | Accueil | 委員会R(9月申請分) »