« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-8 | Accueil | 既にあれこれ来年度のことばかり »

09 nov. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-9

Do blushing phobics overestimate the undesirable
communicative effects of their blushing?

『赤面恐怖者は赤面することがコミュニケーション上の望ましくない効果
を与えると過度に評価しているのか』

追記しました(2006.11.11AM)

山本さん担当でした。

誰もがみな,時には赤面することがあるのに,
なぜそれをしないようにしたり,隠そうとするのか。
そして一部の人々は,「赤面恐怖」に陥るのか。

赤面に対する評価の偏った解釈が,その原因かもしれない。それを検討。

「赤面」の機能的側面は,ふたつあると考えられている。
第1に,意図的でない失敗や自発的な違反の後の赤面には「救済効果」がある
(照れ隠し;観察者が持つ,行為者に対するネガティブな印象を和らげる効果)
第2に,曖昧な社会的状況後の赤面には,「行為者の行為が意図的である」
ことを観察者により強く感じさせてしまうという,逆の効果もある。
したがって,この第2の側面が強いとき,
赤面恐怖者は
「赤面を望ましくないものとして過大評価する」バイアスを有し,
そのバイアスは,
「行為者の属性に対する観察者の判断を,行為者側がネガティブに過大評価する」
ことになるだろう。

実験:高赤面恐怖傾向群 vs. 低赤面恐怖傾向群に対し,
4種類のビネット(小話)を読んでもらい,「登場人物があなただったら」どう思うかを評価する。
4種類とは,2カテゴリー(失敗,曖昧な状況)×2反応(赤面した,赤面しない)
評価は,VASスケールで,
1.観察者であるところの他人が,(あなたの)行為を意図的だとする確率の推定
2.観察者が意図的だと感じたときに,(あなたが)どのくらい苦痛を感じるか
3.観察者はその状況を,どのくらい重大だと感じるかの推定
4.観察者は(あなたを)どれくらい信頼できる人物と思うかの推定
5.観察者は(あなたを)どれくらい望ましい人物と思うかの推定

結果:
1.高群の「意図性推定」は高い。
2.高群×曖昧状況で,苦痛をより感じる。
3.高群×曖昧状況で,重大さを大きく見積もる。
4.高群×曖昧状況で,行為者の信頼度を低く見積もる。
5.(群の主効果なし)。

というわけで高赤面恐怖傾向群は,
自分の行動を,他者が社会的に望ましくないと解釈する,と考える傾向が高く,
またそれをより苦痛に感じ,
自分は信頼できない・望ましくないと思われている,と考える傾向が高い,
ことが明らかとなった。


 *


今学期「レポ組」5名の方々のレポートもめでたく受領しました。

緒形さん↓「思考抑制と不安のinduction」
Singular and combined effects of thought suppression and anxiety
induction on frequency of threatening thoughts: an experimental investigation

奥さん↓「解釈傾向と社会不安」
Interpretation bias and social anxiety

坂口さん↓「語彙の感情的カテゴリー化と不安」
Anxiety-related differences in affective categorizations of lexical stimuli.

鈴木さん↓「痛みと症候のスキーマ的理解:cognitive miserの観点から」
Understanding the schematic representation of pain and general symptomatology:
the contribution of the cognitive miser perspective.

樋口さん↓「社会不安における,脅威の視覚的表象の記憶と解釈」
Memory and interpretation of visual representations of threat
in socially anxious and nonanxious individuals.

受講生諸君は,他のメンバーの力作を放置せずちゃんと読んでおいてね
レポートは私のためだけではなく,なによりもみなさんの学習のためなのですから。
12月になったら,抜き打ちテストでもしてみようかしらん。

 *

ああ,もうなんかこっちも終了した気分。
来年のことも考えないとなぁ...
3学期も,もちろんあるんだけどさ。

|

« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-8 | Accueil | 既にあれこれ来年度のことばかり »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12625346

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-9:

« 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-8 | Accueil | 既にあれこれ来年度のことばかり »