« 19万と近頃の検索され傾向 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-9 »

09 nov. 2006

臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-8

失書失語

失語症の章を最後にもってくるというのは,この授業の趣旨からすると
大変理にかなっていると思います。
(説明すべきポイントがあまりなく,分類や観点そのものは明確ですから;
名称的にダイレクトにそれを任務とされる方々も,別にいらっしゃることですし)。

これで今年度のこの科目の担当は終了です。
願わくば知識のいくばくかとエピソード記憶が,
将来的に多少なりともお役に立ちますことを。

ほんとはあと1学期分くらいあると,もうちょっとやりやすいのだけれど。
必修科目でないと,もっとやりやすいのだけれど。
いろんな意味をこめて。

さっそく来年度のことを考えなくては。

|

« 19万と近頃の検索され傾向 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-9 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12625089

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学特講という名の高次脳機能障害学(DC)06-8:

« 19万と近頃の検索され傾向 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-2-9 »