« さて今頃私は福岡にいても | Accueil | 最大多数の最小苦悩 »

17 nov. 2006

性格心理学II06-2-06

2週あいての久しぶりの授業。人少なめだった。

「適性」ということについて。

教科書通りには進めがたいところ。
インターネットから得られる情報などによって,
まあ最も有名な(たぶん使用頻度も高い)"職業適性検査"について
補足しながら,具体的に触れる。

「コンピテンシー」という概念を教える必要もあろうという気がするのでそれも。

就職に絡めていうと,
どんなにがんばっても,どういう人材が欲しいかを決めているのは「あちら側」であるし,
無理してそういう「適性」を身につけようなんて考えること自体が既に「適性」という概念から外れるし,
そしてまた,どんな会社にもどんな職種にもオールマイティに通用するような適性なんてものはない,
ということが理解されるといいのですが。

そして心理学一教員としては,「正直に答えるにこしたことはない」と付け加えてみる。
もちろん検査結果の中身がどうかっていうことはあるが,
面接時の印象と検査結果に著しく乖離があってもねえ。
対策本は読んでもいいと思いますが,あまりにマニュアルっぽいと
より強力にネガティブな印象を持ちますわね。

学務から,
補講の実施について
という問い合わせ書面が送られてきていた。
ご丁寧に,「休講届」のコピー(2枚)を添えて。

いががいたしましょう?

|

« さて今頃私は福岡にいても | Accueil | 最大多数の最小苦悩 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/12720914

Voici les sites qui parlent de 性格心理学II06-2-06:

« さて今頃私は福岡にいても | Accueil | 最大多数の最小苦悩 »