« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-3 | Accueil | 平成19年度卒論折衝第3号案件 »

22 déc. 2006

平成19年度卒論折衝第2号案件

(11月,「解禁」前におひとりお話をうかがっておりますので)
今回のが案件ナンバー2。

ある集団★1の人々が突然引き起こす,ある行動★2について,
その原因を探ってみます,ということ。

ふたつの生成モデルを提案され,現在考え中とのこと。

論理的に展開。お話しとしては,理解できる。

 *

★1:その「集団」で検討することの妥当性は高い。
   しかしながら,(過去に経験があり)実施上の困難さがあり,(私はちょっと)不得手。

★2:「行動」ではなくて正確にはその直前にあることがらを質問紙によって
  調査しようとされている。
   しかしその「ことがら」が,どの程度実態を反映できるか,という点が難しい。


|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-3 | Accueil | 平成19年度卒論折衝第3号案件 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/13159667

Voici les sites qui parlent de 平成19年度卒論折衝第2号案件:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-3 | Accueil | 平成19年度卒論折衝第3号案件 »