« novembre 2006 | Accueil | janvier 2007 »

54 posts pour la période décembre 2006

29 déc. 2006

061229[bx2]"justice"と"care"

061229[bx2] moral sensitivity; justice; care; fMRI
The neural processing of moral sensitivity to issues of justice and care
 # 道徳的感受性は「自己」知識領域と関連している。さらに
    正義justice的道徳への感受性は左IPSと,
    配慮care的道徳への感受性は腹側帯状皮質後部,VMPFC・DLPFC・視床の活動と。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

061229[bx1]模倣と左右と前頭葉

061229[bx1] imitation; frontal cortex; action understanding; goal; intention
Exploring the functional and anatomical bases of mirror-image
and anatomical imitation: The role of the frontal lobes

 # 対面模倣における鏡像模倣(検査者が右手-被験者が左手)と
    解剖学的模倣(検査者が右手-被験者が右手)の検討。
    前頭葉損傷患者では解剖学的模倣の成績が不良であり,
    それは刺激-反応マッピングの想起・再生困難によるもの,との解釈。
    (prepotent mirror-image actionの抑制障害との解釈を退ける)

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

28 déc. 2006

米沢経由で帰宅

山形新幹線で,戻ってきました。
帰宅するなり頭痛に襲われる。

もう少し居たかったらしい。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

27 déc. 2006

いきかえりの宿

いきかえりの宿

赤湯温泉です。まだ、雨が降り続いてます。山形新幹線もダイヤが乱れてました。まあ、しょうがない。
~MOB_MOCH~

Lire la suite "いきかえりの宿"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

雪を見るためには

雪を見るためには

蔵王までいかねばなりませんでした。スキーをかついでいないでロープウェイに乗っていたのは私たちくらいでしょう。加えて完全非防水な私たちはそり三滑りほどしたら、もうそれで十分。
~MOB_MOCH~

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

川下り

川下り

したら日本海まですぐに流されそうです。大雨+雪解け水
~MOB_MOCH~

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

26 déc. 2006

ゆめみの宿

ゆめみの宿

部屋にある風呂
~MOB_MOCH~

| | Commentaires (2) | TrackBack (0)

で、初山形

で、初山形

本日はここです。せみおんせん。雨。
~MOB_MOCH~

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

りくうとうせん

りくうとうせん

東北新幹線で古川でお乗り換え。陸羽東線、ワンマンカーで乗り降りはドアのボタンを押します。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

じゃ,そういうことで

27日締切で回答すべき事務書類を,さっきおうちで仕上げてメール添付で送付する。
これでやっと年内事務的デューティーにもケリがついた。いちおう。

じゃ,そういうことで
おいらは2泊3日で山形(どっちかっていうと上=北の方で山の方)に行って参ります。

Lire la suite "じゃ,そういうことで"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

25 déc. 2006

人間研究の方法(心理学)-2006C

はやくも3班目。
つつがなく。

これにて年内のeducationalなデューティーは終了。

が,年明け提出のレポートの質が低下しないように
釘を刺してみたりもする。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24 déc. 2006

実習のレポート

をいま書いてたりする人も,なかにはいるかもしれません...

Lire la suite "実習のレポート"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

今年は「おかしのやかた」

Image065_1


Lire la suite "今年は「おかしのやかた」"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

24日19時

クリスマスイブの夜に突入時のようす。
さらに,増えてます。Image064_1

Lire la suite "24日19時"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

24日10時

23時間経過しました。
不思議ですね,葉っぱが「生えて」きました。Image063_1

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23日11時

いただきものです。

開始時の様子。Image062_1

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

23 déc. 2006

学会年会費を

【大学教員関係の皆様向け】
昨日事務方から来たメールを見てびっくり。
 そのメールは【予算を早期に執行せよ・執行期限はいついつという通知】だったのですが。
 ~自分の場合,もうだいぶ使っているし,そもそももともとそんなにないから。

Lire la suite "学会年会費を"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

061223[bx2]

brain - imaging 系。

061223[bx2]-1 observational learning; intraparietal sulcus
Modulation of Neural Activity during Observational
Learning of Actions and Their Sequential Orders

061223[bx2]-2 violent video games; anterior cingulate cortex; amygdala
Toward brain correlates of natural behavior:
fMRI during violent video games

061223[bx2]-3 visuospatial attention; apraxia; object use; pantomime; tool use
Processing the spatial configuration of complex actions
involves right posterior parietal cortex: An fMRI study
with clinical implications

061223[bx2]-4 theory of mind; self
Overlapping and non-overlapping brain regions for
theory of mind and self reflection in individual subjects

 # ストーリー理解課題(「心の理論」)と形容詞が自分にあてはまるか課題(「自己反省」)
   medial prefrontalとmedial precuneus(medial parietal)に,共通してactivateされる箇所が。

061223[bx2]-5 voice; emotion; prosody; happiness
The voice of emotion: an FMRI study of neural responses
to angry and happy vocal expressions

 # 「幸せそうな声」っていうのはsalientな役割を有していることが示唆されました。

061223[bx2]-6 political attitude; party affiliation; face
Us versus them: Political attitudes and party affiliation influence
neural response to faces of presidential candidates

 # 「あちらの候補」の顔(@選挙)には,ほんとうんざりさせられるぜのイメージング。
   ...とっても感情的なこと,というわけです。なるほどなるほど。

061223[bx2]-7 social cognition; first impression; trait inferences; face
Spontaneous retrieval of affective person knowledge in face perception
 # 社会心理学で言うところの「印象形成」の脳活動。
    第一印象(最初に会ったときのちょっとした情報)は,次に出会った時の
    社会的認知や感情に影響を及ぼす(情報内容によって,活動する脳部位が異なる)

061223[bx2]-8 amgdala; OFC; reward; face; social judgment
Brain systems for assessing facial attractiveness

061223[bx2]-9 anticipation; pessimistic; cautious
Neural correlates of a ‘pessimistic’ attitude when anticipating
events of unknown emotional valence

061223[bx2]-10 sarcasm; ToM; mentalizing
Neural substrates of sarcasm: A functional magnetic-resonance imaging study
 # 皮肉とかイヤミ(sarcasm)理解。左BA47がmentalizingと言語処理がinteractするところ。

061223[bx2]-11 TCI; harm avoidance; voxel-based morphometry
Volume of left amygdala subregion predicted temperamental
trait of harm avoidance in female young subjects.
A voxel-based morphometry study

 # 女性でHAと左扁桃体の体積に正の相関が。
    (あとは性差なく)NSと左MFG灰白質に正の,RDと右尾状核に正の相関。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

061223[mz3]

061223[mz3]-1 perfectionism; personality; self-presentation
Trait perfectionism and perfectionistic self-presentation in personality pathology

061223[mz3]-2 intrusions; thought suppression; trauma
The generalizability of thought suppression ability to novel stimuli

061223[mz3]-3 cognitive self-consciousness; meta-worry; tought suppression
Are there specific meta-cognitions associated with vulnerability
to symptoms of worry and obsessional thoughts?

061223[mz3]-4 TCI; BIS/BAS
Relationships between Cloninger’s biosocial model of personality
and the behavioral inhibition/approach systems (BIS/BAS)

 # BISとharm avoidanceやreward dependence,
    BASとnovelty seekingやpersistence。
    ...そういう「実習」も,たしかにありですわな。

061223[mz3]-5 indecision; self-regulation; self-control strength model
Regulating speed, accuracy and judgments by indecisives:
Effects of frequent choices on self-regulation depletion

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

061223[mz1]

061223[mz1]-1 social anxiety; face; gaze; eye movements; attentional bias
Orienting and Maintenance of Gaze to Facial Expressions in Social Anxiety.
 # 「高対人不安者の表情認知」って,
   最近いただいた,(別の研究室の卒論)論文タイトルに似てますねぇ。
   こちらは「眼球運動」,そちらは「表情変化という文脈」をターゲットにしているようです。
   
061223[mz1]-2 social anxiety; rumination; post-event processing; ambiguity
Is post-event processing specific for social anxiety?
 # ちゃんとspecificityがあるみたいです。
   「あいまいさが残る」ようなのは特に。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

061223[bx1]

だいぶ間があいてしまい蓄積されてしまった。
リストアップだけ。brain - lesion study系。

061223[bx1]-1 superior prefrontal gyrus; WM
Functions of the left superior frontal gyrus in humans: a lesion study

061223[bx1]-2 amygdala; emotion; music; fear; arousal; valence
Amygdala damage impairs emotion recognition from music

061223[bx1]-3 fvFTD; ToM; affective decison-making
The relationship between affective decision-making and theory of mind
in the frontal variant of fronto-temporal dementia

061223[bx1]-4 dressing disability
Action errors and dressing disability after stroke:
An ecological approach to neuropsychological assessment and intervention

 # 着衣障害の論文は珍しい。

061223[bx1]-5 semantic dementia; FTD; progressive aphasia; Alzheimer disease
Behavioral features in semantic dementia vs other forms of progressive aphasias
 # semantic dementiaでもFTD様の行動症状が出現し,その点PPA/ADとは異なる。

061223[bx1]-6 semantic dementia; action comprehension
Actions anchored by concepts: defective action comprehension in semantic dementia
 # semantic dementiaで行為理解の障害の検討。
    instrumentalなのよりsymbolicの方が低下するってのは,
    だいぶaction-semantics説に有利ですな。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

22 déc. 2006

061222[mz1]演習へ送る

※ -1 ~ -3 は来年度(2007年度)3学期,
   -4 ~ -6 は再来年度(2008年度)2学期,
   -7 ~ -9 は再来年度(2008年度)3学期の演習送り候補です("体の良い先延ばし")。

061222[mz1]-1 perfectionism; performance perfectionism
Conceptualization and Measurement of Adaptive and Maladaptive
Aspects of Performance Perfectionism: Relations to Personality,
Psychological Functioning, and Academic Achievement

061222[mz1]-2 social anxiety; risk taking
Social Anxiety and Positive Outcome Expectancies on Risk-Taking Behaviors

061222[mz1]-3 cognitive vulnerability-stress hypothesis; depression
The Hopelessness Theory of Depression:
A Prospective Multi-Wave Test of the Vulnerability-Stress Hypothesis

061222[mz1]-4 contamination; OCD; disgust; fear
Multimodal assessment of disgust in contamination-related
obsessive-compulsive disorder

061222[mz1]-5 anxiety; interpretive bias
Trained interpretive bias and anxiety

061222[mz1]-6 trauma; intrusive memories; perceptual priming; PTSD
Enhanced perceptual priming for neutral stimuli occurring in a
traumatic context: Two experimental investigations

061222[mz1]-7 depression; rumination; avoidance
The relationship between rumination, avoidance
and depression in a non-clinical sample

061222[mz1]-8 worry; rumination; depression; anxiety
Worry and rumination: Differential associations with anxious
and depressive symptoms and coping behavior

061222[mz1]-9 worry; probability; cost
The relation between worrying and concerns:
The importance of perceived probability and cost

Lire la suite "061222[mz1]演習へ送る"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

【休暇予告】12月26日~28日【不在です】

年休取って東北地方(の未踏県3県のうちの1)へ行ってまいります。
おんせんでゆったり。
雪は降っているのかしら。

Lire la suite "【休暇予告】12月26日~28日【不在です】"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

平成19年度卒論折衝第3号案件

本日は続いて,案件ナンバー3も。

Lire la suite "平成19年度卒論折衝第3号案件"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

平成19年度卒論折衝第2号案件

(11月,「解禁」前におひとりお話をうかがっておりますので)
今回のが案件ナンバー2。

Lire la suite "平成19年度卒論折衝第2号案件"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

21 déc. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-3

A comparison of autogenous/reactive obsessions and worry
in a nonclinical population: a test of the continuum hypothesis

『自生強迫と反応強迫と心配の比較』

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-3"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

20 déc. 2006

四件落着

めでたく4人とも卒論を提出。

ついでに,今年提出するつもりだった心理学主専攻の卒論生全員が
ちゃんと提出したそうです。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

19 déc. 2006

折衝資料作成

ご相談用のこちら側資料を
[表玄関]ホームページの方にアップしてみた。

Lire la suite "折衝資料作成"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

18 déc. 2006

【来年度の】卒業研究に関してのご相談その3

のお約束をしました。三人目。

「解禁」されたのですよね,おそらく。
例のページの改訂を急がねば。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

ゴーサインを出す

引導を渡す,ともいうのだが。

Lire la suite "ゴーサインを出す"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

人間研究の方法(心理学)-2006D

2週目です。もう慣れてきました。
来週も,本当にあるんですねぇ。

今日は,
NEO-FFIのプロフィール作成で一部分,
右もしくは左に「スケールアウト」する人が
3人もいました。

たまたまなんですが。
初めての経験。

Lire la suite "人間研究の方法(心理学)-2006D"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

15 déc. 2006

心理学I・II(ストレスと健康)-06-02

ストレッサーの特徴,の続きから始めて,
ストレスによる心理的反応,
ストレスによる生理的反応(の前半)。
...毎度な展開。教科書的事項をしっかり学習することはこの時期に重要。

Lire la suite "心理学I・II(ストレスと健康)-06-02"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

性格心理学II06-2-10

性格の変化(続)。

特に心理的介入による適応的変化について。
代表例として,精神分析療法,来談者中心療法など。
ロジャーズの例の"相関"もしっかり学習。

次回は年明け,最終回。そして試験です。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

14 déc. 2006

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-2

The structure of disgust: domain specificity in relation to
contamination ideation and excessive washing

『嫌悪の構造:汚染強迫観念・洗浄強迫行為に関する領域特異性』

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-2"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

心理臨床に必要な神経心理学的知識06

年に一度の,「心理臨床の実際」というオムニバス講義の担当。
神経心理学について喋る。
たしかスケジュール一覧に掲載されたお題は「神経心理学検査」だったと思うが,
適宜変更。
10の"掟"と2つの"応用"を,順を追って説明。

Lire la suite "心理臨床に必要な神経心理学的知識06"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

13 déc. 2006

positive reappraisal

最近どれくらいゲキムかというと...

Lire la suite "positive reappraisal"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

12 déc. 2006

学類案内WG再開

こういう時期でも,次年度用のあれこれは容赦なく降り注ぐのです。

今度はどうしようか,という話。
またオーソドックスなやつではないものを企画中。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

赤ペン先生業

卒論提出まであと一週間なんで,
あれが終わると次はこれで,
これが終わるとまた次のがやってきて。

ハナマルしたり,サービス精神たっぷりではないけれど。

Lire la suite "赤ペン先生業"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

11 déc. 2006

061211[mz1]Cogn Ther Res - Vol.30,No.4,August & No.5,October,2006

来年度の演習扱い候補。-1は2学期実験系,-2, -3, -4は3学期質問紙系。

061211[mz1]-1 attentional bias; trait anxiety; dot probe
Attention to Threat in Anxiety-prone Individuals:
Mechanisms Underlying Attentional Bias

061211[mz1]-2 GAD; worry; emotion regulation
Evidence of Broad Deficits in Emotion Regulation
Associated with Chronic Worry and Generalized Anxiety Disorder

061211[mz1]-3 personality disfunction; cognitive vulnerability; depression; rumination
Cognitive Vulnerability to Depression and Axis II Personality Dysfunction

061211[mz1]-4 fear of blushing; social phobia; judgemental bias
Fear of Blushing: The Role of the Expected Influence
of Displaying a Blush on Others’ Judgements

Lire la suite "061211[mz1]Cogn Ther Res - Vol.30,No.4,August & No.5,October,2006"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

人間研究の方法(心理学)-2006E

今週から実質スタート。

例年のTCIをBIS/BASにおきかえる予定を実行に移す。

トータルな所要時間はわずかながら減少するか。

Lire la suite "人間研究の方法(心理学)-2006E"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

10 déc. 2006

20万と師走

11時台に20万アクセスに達しました。

先週後半から今週後半まで,たぶんいろいろ忙しさがピークです。
しわすって感じがします。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

同【班】だった彼と同【類】だった彼女

こちらであいまいに【ご連絡】を飛ばしたおかげ...こちらの趣旨とは違っていたのですが...で,

【私信】が飛んできて,
浜松在住の旧友おふたり,
同班だった彼と,
同類だった彼女,に再会する。

Lire la suite "同【班】だった彼と同【類】だった彼女"

| | Commentaires (1) | TrackBack (0)

09 déc. 2006

「大学セミナー」出講

出張の任務をこなす。
そちらの高校にしてみれば<進路指導>的行事。
こちらにしてみれば<宣伝活動>の一環。

内容的にはこれを。
設定されている時間は2コマで,1コマずつ生徒さんたちが入れ替わり,
こちらは2回繰り返すという運び。

心理学の「イメージ」は多少拡がりましたか。
サイエンスざんす。

 *

生徒さんたちがちゃんと<事前学習>をこなしていて驚きました。まじめです。

Lire la suite "「大学セミナー」出講"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

08 déc. 2006

出張なんです

こちらの用務で出張プラスアルファ(~10日の日曜日に戻る予定)。

Lire la suite "出張なんです"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

心理学I・II(ストレスと健康)-06-01

(こういうのをトンボ返りというのだろうな),
本務校の1年生必修科目「心理学I・II」。

ネタとして,「心理学を学ぶとストレスはぜぇったいに溜まらなくなります」というところから。
ラザルスモデル(とそれ以外のモデルであるところの,精神分析・行動理論・認知理論モデル),
タイプA,ハーディネス。

そして外傷的出来事,まで(かなり中途半端...)
コントロールできてませんでした。

前後に「実験協力のお願い」やら「質問紙調査」やら。これっきりです。

Lire la suite "心理学I・II(ストレスと健康)-06-01"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

性格心理学II06-2-09

前回の残り,人格障害(「性格心理学」の授業なのですから,けっこう重要なところ)。

そして,「性格の変化」について。
性格は...
 変わる/変わらない,
 変えられる/変えられない
にまつわるあれこれ。

今日は前段の変わる/変わらない,について。
すぐに変わるようではそれを「性格」とは呼びたくないし(安定性が必要),
かといって変わらないと言い切ってしまうと生まれたときから決まっているみたいな
決定論に陥ってしまうし...

そのあたりまで。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

07 déc. 2006

【来年度の】卒業研究に関してのご相談その2

のお約束をしました。おふたりめ。

Lire la suite "【来年度の】卒業研究に関してのご相談その2"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-1

An analogue investigation of the relationships among
perceived parental criticism, negative affect, and borderline
personality disorder features: the role of thought suppression

『知覚された親からの批判,否定的感情,境界性人格障害特徴間の関係:
 思考抑制の役割』

Lire la suite "臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-1"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

そいつはいかがなものかと

うーん。
12/7 「12/5-12/7ココログメンテナンス」について

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

05 déc. 2006

【告知】53時間のメンテナンスで

ココログ,
2006年12月5日(火)10:00~12月7日(木)15:00の約53時間メンテナンスだそうです。
この期間投稿はできませんので,更新はストップです。

そのお知らせはこちら

先例にならうと,このあたりに進捗状況が示されるかもしれない。

では。ごきげんよう。

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

02 déc. 2006

「大学で先生をするようになったら終わり」

とプロフェッショナルの世界では言われることがある。

...のだそうです。

あら,残念。

Lire la suite "「大学で先生をするようになったら終わり」"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

[今さら人に聞けないが気になっている]メールの管理・整理・分類法その2

こちらの続きで,Gmail=[おうちで]編。

(Gmailは,Googleによるウェブメール"ツール"

Lire la suite "[今さら人に聞けないが気になっている]メールの管理・整理・分類法その2"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

01 déc. 2006

『その情報,Webに載せて大丈夫?』

-著作権法違反・個人情報保護法違反とならないために-

...っていうシンポジウムが学内であるらしい。
学生も教職員も自由に参加できるようです。
12月18日(月)午後。

卒論提出の直前であるばかりか,授業だよ授業!
こんなタイミングで入れるとは。

Lire la suite "『その情報,Webに載せて大丈夫?』"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

性格心理学II06-2-08

「性格の正常と異常」というところ。

正常と異常の「基準」
DSM
統合失調症
気分障害
摂食障害
不安障害...

Lire la suite "性格心理学II06-2-08"

| | Commentaires (0) | TrackBack (0)

« novembre 2006 | Accueil | janvier 2007 »