« [ ビジュアル・アナログ・スケール(VAS) 著作権]検索者へ | Accueil | 人間研究の方法(心理学)-2006B »

19 févr. 2007

心理学方法論06-2

3週前に1回目だったやつの2回目。
(ちなみに次回は,来週の水曜日;不定期でまったくもって「おまけ感」いっぱい)

投影法性格検査の続きから。
連想法・構成法・完成法・選択法・表現法などと分けて代表的なものを紹介。
(ちゃんと"実験衝動診断法"も教えましたよ;ここで教えずしていったいどこで知れようか)

ついで,質問紙法性格検査。
[全般的にとらえたい系]と[特定の状態・病理をとらえたい系]があること。

それで,検査というものに求められることとして,
信頼性・妥当性・実用性(←特にこれはここで言うしかあるまい)。

面接法=「やりとり」。verbalな/nonverbalな。
いかに先入観とか偏見とか予想とか期待が混入しやすいかも。

そこまで。

さあ来週はもう最終回なのでスピードを上げて
面接法の続きと事例研究法(もしかしたら質的研究法も)こなさなくては。

とはいえ,まあ,終わるでしょう。
方法論として,そんなに教え授けるべき事項が多くはないように思われるし。
うまく思考モードを切り替えられる人は&もともとそういう思考モードの人は,
それこそがシンリっぽく感じられるところかもしれないから。

|

« [ ビジュアル・アナログ・スケール(VAS) 著作権]検索者へ | Accueil | 人間研究の方法(心理学)-2006B »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/13973786

Voici les sites qui parlent de 心理学方法論06-2:

« [ ビジュアル・アナログ・スケール(VAS) 著作権]検索者へ | Accueil | 人間研究の方法(心理学)-2006B »