« TCPF研修会 | Accueil | 来年度の卒論生 »

22 févr. 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-10

Thought–action fusion and its relationship to schizotypy and OCD symptoms

『思考と行為の融合(TAF)と統合失調型,強迫性症状の関連』

追記しました(2007.2.24 10:33)

本年度最終回。
樋口さん担当。

TAF - schizotypy - OCD の三者間の関係を整理するようなタイプの論文。

強迫性障害(OCD)における強迫行為のいくつかは,
魔術的・迷信的な方法で,中和する目標と関連づけられている。
 ↓
思考と行為の融合(TAF; thought-action fusion)という認知バイアス
 1) moral TAF:
   容認できない思考・イメージ・衝動を持つことは,
   現実にそれらが起こるのと同じくらい悪いことである,という考え。
 2) likelihood TAF:
   そういった思考を持つことで,それらが現実に起こる可能性が強まる,という考え。
 ↓
統合失調型(schizotypal)
 1) 魔術的思考 ← OCDとの関連が示唆される。
 2) 妄想的観念
 3) 異常な知覚の体験

質問紙(TAFはTAFS, schizotypalはSTA,OCDはOCI-R,特性不安STAI,抑うつBDI-II)

結果。
相関から,l-TAFはm-TAFに比べて,STA,BDI,全般性不安,OCDとの正の関連が高い。
その他,階層的重回帰分析あれこれ(...だけど要約的に記すと)。
◆TAFとschizotypal(STAI,BDI,OCI統制)
l-TAFが従属変数のとき,(STA)魔術的思考のみが有意な予測変数であったが,
m-TAFの場合は,なし。
◆OCDとTAF(BDI,STAI,schizotypal統制)
OCDが従属変数のとき,l-TAFのΔR-squaredは2.1%,m-TAFでは1.0%。
◆OCDとschizotypal(BDI,STAI,TAF統制)
OCDが従属変数のとき,
l-TAF統制で妄想的観念,異常な知覚の経験は有意なβが得られ
(魔術的思考はn.s.),
m-TAF統制では,3種のschizotypal特性とも有意な予測変数であった。

やはり。
l-TAFとschizotypalとの間には意味のある関係があり,
m-TAFは,OCD・抑うつ・不安と弱く全般的な関連がある。

「魔術的思考」の影響
 → likelihood TAFのリスクの増大
 → OCDのリスクの増大      というふたつの側面があるかも。

 *

今学期レポート組のみなさんも全員提出。

阿部さん「全般性不安障害と情動制御不全:社会性不安障害との比較」↓
Emotion Dysregulation in Generalized Anxiety Disorder:
A Comparison with Social Anxiety Disorder

大曽根さん「完全主義と神経症傾向:縦断的調査で」↓
Perfectionism and Neuroticism:
A Longitudinal Study of Specific Vulnerability and Diathesis-Stress Models

手代木さん「PTSD症状予測変数としての解離と回避」↓
Peritraumatic dissociation and experiential avoidance as predictors
of posttraumatic stress symptomatology

山本さん「全般性不安障害のメタ認知モデル:メタ心配」↓
The Metacognitive Model of GAD: Assessment of Meta-Worry and
Relationship With DSM-IV Generalized Anxiety Disorder

 *

おひとりおひとりから,この授業がどうだったかお話しをうかがいました。
一応通年のことを尋ねたつもりだったが,お答えは2・3学期の演習のことに
集中していたみたい。
プラマイで考えると,比率的にはシビアな側の授業評価を,面と向かって受けました。
...軽く凹まされる。なんとも正直な人たちだ。
 もうちょっとポジティブなことをおっしゃるかと思ってのだが。

  でも「わからない」ことでも「なんとかこなせる/こなせた」ってのは,
  「わかる」ことだけ「余裕でこなす/こなした」ことよりも大事なことじゃない;
  だって,もしわかることだけ(興味のあることだけ)扱うのだったら,
  あなた方の知識も経験もスキルも何も,ちっとも拡大しないのだから。

また,いくつか改善したほうが良い点,またその方法を提案してもらう。
...なるほどね。
 レジュメを「短く」したり,少しは「予習」したり,「黒板をもっと使う」
 ようにすればよいのだな。フムフム。

|

« TCPF研修会 | Accueil | 来年度の卒論生 »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/14009121

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-10:

« TCPF研修会 | Accueil | 来年度の卒論生 »