« 顔色を窺われる委員会R | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-8 »

08 févr. 2007

070208[bx1][bx2]PPAとeffective connectivity

070208[bx1][bx2]-1 primary progressive aphasia; effective connectivity; language network; fMRI
Altered Effective Connectivity within the Language Network
in Primary Progressive Aphasia

PPA(Primary progressive aphasia; 原発性進行性失語症★)者のfMRI。
iFG(left inferior frontal gyrus; Broca's area, BA45)と
sTS(left posterior superior temporal sulcus; Wernicke's area, BA39/40)との
connectivityが減弱していることが
PPA,およびその症状の程度と関連があるという。

★ PPA is a neurodegenerative syndrome principally affecting language, producing
word finding, naming, comprehension, and/or syntactic deficits.
  変性性の疾患で,比較的孤立的に言語症状のみが進行増悪する病態。

Journal of Neuroscienceで失語,珍しいんじゃない。
 "地形図っぽい"色がついているのだけじゃなく,むしろ
 "ルートマップみたいな"矢印付きの図がたくさんってところも。

 *

(以下,少々専門的で真面目な話)

以前から神経心理学的思考法ではなかなか解決が難しいところで,
「ある機能を実現するために A→B という情報処理が想定される」ときに,
当該の機能低下が検査などであきらかになっても,
 ・A地点 or B地点の機能的問題なのか,(局所的な"中枢"情報処理の問題),
 ・→部分の機能的問題なのか(接続・連絡・情報伝達の問題),
(入出力パターンを変更してみたその検査成績や,誤反応の質などを考慮することで,
 間接的に上記のどれがもっともらしいかを判断する方法などが
 編み出されてきてはいますが)
まあはっきりしなかったわけです。
今回のようなmethodsで,それがダイレクトにクリアに示されると。

 *

もうひとつ大事な点は,今回のPPAの検討で,
iFGもsTSも,そこだけ見ると「機能低下がないように見える」
ということ。
そして,PPA自体が,感覚性失語的だったり運動性失語的だったりあれこれ
なのは,このようにconnectivity障害的に考えれば,かなり本質的なことなのかも。
以上のことは,古典的神経心理学にとっては(わかってはいても)
やっぱり少々イタイ感のある話じゃないでしょうか。

progressiveな,ということと,connectionの減弱,ということは,
何か本質的なつながりがあるのかもしれないですね。

|

« 顔色を窺われる委員会R | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-8 »

01. BRAIN 【脳】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/13833693

Voici les sites qui parlent de 070208[bx1][bx2]PPAとeffective connectivity:

« 顔色を窺われる委員会R | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)06-3-8 »