« ワーキンググループ | Accueil | 070418[bx1]模倣のふたつのルートと「呈示のしかた」 »

18 avr. 2007

役職者50名ほど

いるという,なんとも大きな「研究科教員会議」。
夕方。
あっけなく終了した後に
(こんなにすぐ終わるのは年1回のこの会議くらいしかない),
ふぁかるてぃでぃべろっぷめんと研修会?
「大学院での教育」という話。

社会が要請なり期待しているといわれる"大学院教育"と,
実際にそれに携わっている人間の考える大学院教育には
ほとんど埋めがたいといえるような,
大きなギャップがあると思う。
ま,「大学院」に限らず「学部」でも同じことなんだけど。

そういったところをどうしていこうかっていうお話でしたが,
どうするんだろうねぇ。
どうなるんだろうねぇ。
歩み寄るべきなのか,あちらの認識を変えてもらうのか。
「お台所事情」っていう要素もあり。

あれこれ言われていることは,
本当に大学院で「教育」としてわれるべき事柄なのか,
はなはだしく疑問に思われた。

|

« ワーキンググループ | Accueil | 070418[bx1]模倣のふたつのルートと「呈示のしかた」 »

06. CHORES 【働】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/14756935

Voici les sites qui parlent de 役職者50名ほど:

« ワーキンググループ | Accueil | 070418[bx1]模倣のふたつのルートと「呈示のしかた」 »