« 「呼び出し免除期間」 | Accueil | 070422[mz1]対人不安,ストレス,神経心理学検査 »

21 avr. 2007

授業参観,そのたびに

行ってきました。

どうも私は授業参観に行きますと,
親どものあきれた所業が目についてしまいとっても不愉快になるので,
もう行かない方がいいのかもしれない。

今日は,
「授業中に自分の子どもの写真を撮りまくる親(しかもご丁寧にフラッシュつき)」

今回は国語。
数名ずつのグループで教室の前の方に出て,教科書を音読したり,
グループで考えた詩のようなものを発表するという場面がありましたが,
教室の中にいた,親(なんだろう)のひとりが
自分の子が前に出るとデジカメでパシャッパシャッと,
それのみならず,
他の子どもたちが発表している最中には
席について友だちの発表を聞いている自分の子をパシャッパシャッと。

隣の教室では「ビデオ撮影」している人物も見かけた。

教室の壁にかざってある絵とかそういうのを,
先生に背を向けて悠然と見まくっている親とかも。

...子どもたちよりも,断然,親のしつけが必要だ。

 そもそもそういう行為が子どもたちの学習の妨害だということに思い至らないようだし,
 授業をしている先生に大変失礼に当たる行為だという認識もないようだし,
 自分の子どもだけにしか興味がないということを周りに表明していることに,
 恥ずかしさも何も感じないらしい。
 ふだん子どもたちがどのように学んでいるのかをかいま見るために,
 なるべく「居ても居ないふりをしながら」観るべきものじゃないのか,授業参観って。
 ほんとうにまったくもって嘆かわしい。

 そして私は,小学校の先生には絶対なれないだろうな;
 そんな親どものいるところで,平気を装って授業するなんてできないだろうから。
 そういう親には「廊下に立っていなさい」とか,言ってしまいそうだから。
 
でそのデジカメな人を,
おもいっきりにらみ続けてみていたのですが,
さすがにこちらにお気づきになったらしく,
途中でそそくさとカメラをしまっていました。

PTA会長にでもなって,授業参観前には<授業参観マナーについて>
などという注意喚起文書でも配布しなきゃいかんな,これは。
私にとっては常識の範疇だし,多くの親にとっても同様だと思うのですが,
いかがなもんでしょうかね。

|

« 「呼び出し免除期間」 | Accueil | 070422[mz1]対人不安,ストレス,神経心理学検査 »

09. SELF 【私】」カテゴリの記事

Commentaires

授業参観、そんなことになってるんですね。

先日、某大型店のファーストフードエリアでも
パーテーションを蹴ったり店内を走り回ったり、
さらには他の椅子にぶつかりまくる3歳前後の子どもの
様子を「微笑ましく」眺める保護者、という構図に
何ともいえない腹立たしさを感じました。
怒らないどころか、「でもさ、うちの子達も成長したよね」
という声が聞こえてきたときは思わず振り返ってしまったよ。
我が家大好き、なのは家族内においては大事なんだけど
ダメなものはだめということを家族内で言えないと
家族・家庭の中で育つはずの常識が育たないのでは?
そういうのが身についていないと子どもにも
教えられない、という連鎖。ありゃりゃ・・・

というわけで、目指しちゃってください、PTA会長。

Rédigé par: ハラサチコ | le 22 avr. 2007 à 11:16

おいらだったらそんな子どもはどこの誰の子であれお尻ペンペンだな,きっと。

PTA会長というのはクチカラデマカセなんだけど。
少なくとも,学校側から,学校の先生からはこういうことは言いにくいだろうからねえ。
誰かがはっきり言わないとこういうことがわからないらしいオトナがいる,
というのがとっても「気味悪い」んです。

じゃあたとえば,運動会での撮影ってのはどうなんだろう?
(授業参観よりは許容度が高いような気がするが,それは何故だろう)
とか,実は書いた後に考えたりしています。

Rédigé par: m0ch1 | le 23 avr. 2007 à 22:54

「想い出をぜひ映像に」という映像機器メーカーの
策略に見事に乗っちゃってるんじゃないかと。
今は出生時から映像(動画)で記録を残すご家庭も
多いようですし。
運動会の許容度が高いのは、「行事」という非日常と
みんな持ってきているし、という連帯感でしょうかね。
ちなみに、私は運動会ではまるで活躍する場がなく
ビリを走るところなんぞ絶対に残してほしくなかったな。
結果がよくも悪くも「生もの」だもんね。

Rédigé par: ハラサチコ | le 24 avr. 2007 à 21:44

え、あの小学校でそんな状態なのですか?
一応、地域では「知的水準が非常に高い、お行儀が良い、親が立派」ということで、公立トップレベルの小学校のはずですが。

運動会は、外で行われることが大きな理由でしょうか。室内での撮影は圧迫感があり、児童らは気になって勉強に集中できないという問題が生じてしまいます。でも、運動会の撮影も控えるように、というところも実はあります。(撮影に集中して我が子の生の姿を見ない親が多いため)言われてみれば、確かに。


Rédigé par: ジモティー | le 25 avr. 2007 à 00:18

>ハラサチコさん
たしかに撮ることは撮るけど,
あんまり後で見ないよな~
運動会ね,「走っている自分だけのアップ」だったら,順位はわかりにくいかも(笑)

>ジモティーさん
はい,あくまでも一部ですが。
マナーという問題と,「親の立派さ」は必ずしも相関関係にないっていうことですね。
東京にいた頃娘を預けていた保育園は「撮影禁止」,というか,「撮影タイム」が別に設けられていました。
その保育園では,「運動会におけるカメラ・ビデオ撮影」について,おたよりが
たしか3枚も来て(園長,保育士さん,親の賛否両論掲載してあえて議論させる),
けっこうヒキました...運動会の前に,そんな熱いやりとりを見せられると。
それで「生の動きを,レンズを介さず見る」派になりました
(本当は,撮ってもうまく撮れてないことが多いから,ですが)

むしろ今回の話は,
「教室」っていうところをどういう場所だと思っているのか,意識の問題なのかもしれません。

Rédigé par: m0ch1 | le 25 avr. 2007 à 20:51

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/14797491

Voici les sites qui parlent de 授業参観,そのたびに:

« 「呼び出し免除期間」 | Accueil | 070422[mz1]対人不安,ストレス,神経心理学検査 »