« Finally!! | Accueil | 正面の部屋の講師,右側の部屋の講師 »

24 mai 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-6

「質問紙調査」系に突入。

「●●●について研究したい」という着想を得てから,
データを得るまで,データを得たあと,のフローチャート。
多くの研究で因子分析★(とか主成分分析)をする→尺度得点化
 そのあとは
  「相関関係」(散布図を見ることも忘れずに)
  「因果関係」(重回帰分析とかSEMとか)
  「グループ化」(人を;尺度得点でHL・HML群を作って組み合わせるとか,クラスター分析とか)
           (★因子分析は,いわば尺度項目をグループ化というイメージ)
因子分析はさまざまな<専門用語>があるので,これはこれで勉強しなくてはならないことが
あれこれ→でも要するにあれこれの最終決定権はみなさんの手にあり,統計ソフトにはありません。

対人恐怖・対人不安・社会不安障害・社会恐怖について。
(アナログスタディ系認知行動病理学の御三家の一角)
注意が自己に焦点化されること,安全行動,知覚される社会的危機状況,があり,
自己イメージのバイアス,他者からの否定的評価,コーピングしないこと,
observer-perspective。

今年度の受講生はみなさん,
人前で話すのが大好きで人の視線は気にならず(むしろ注目されたい!?),
上のようなことも生じない
らしい。
聞いてみたところでは。


今回初めて,
「なぜあえてクラスター分析をしなきゃならんのか」うまいこと説明できた。
...かなり即興的にやってるんでね,毎年。
 ↓
多変量=考慮すべき要因数nが多すぎて,
尺度得点ごとにHL群などに分割しても,その「組み合わせパターン」が
2のn乗とか3のn乗で多すぎ,
かつそんなに必要なかったり,あるセルがゼロになってしまったりするなら,
試みる価値があろう。

しかもクラスター数は,ある程度あれこれと自身が決められるわけですし。

 *

てことで,ちゃんと授業しました(笑)

|

« Finally!! | Accueil | 正面の部屋の講師,右側の部屋の講師 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15193459

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-6:

« Finally!! | Accueil | 正面の部屋の講師,右側の部屋の講師 »