« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-5 | Accueil | バックアップ,しましょう »

18 mai 2007

性格心理学I-07-5

理論の後半。

S-Rでできるかぎり説明したい(=「自己」が出てこなくてよい)学習理論と,

「自己なんちゃら」が大好きな現象学的(っていうかアレですよアレ)理論と,

環境と自己の相互作用が大事
(極論すれば...「性格」は個人の中にはないし,そもそも
 1msec前の自分と,まさにこの瞬間の自分と,1msec後の自分は同じじゃない)系の
状況論・相互作用論。

この流れでしゃべると,
たしかにしゃべりやすいですよ。
もちろん,「性格」がらみでしゃべりました。

受講生のひとりが授業後に,
「後半の話は心理学っていうより,哲学とか,宗教みたいですね」と感想を言ってきました。

そういう感想は,ここ何年か授業をやっていて初めて聞きましたが,

すご~くまっとうな意見だと思います。

まあでもね,
ここでは理論=おはなしのせかい,ですから。
決して,理論=検証可能な仮説の集合体,という意味ではないですから。
ですよね?
モノの見方を拡げるという意味では,アリなんじゃないでしょうか。

|

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-5 | Accueil | バックアップ,しましょう »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15115595

Voici les sites qui parlent de 性格心理学I-07-5:

« 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-5 | Accueil | バックアップ,しましょう »