« お勤め6回目 | Accueil | 070515[mz1]特別リアリスティックということもない »

15 mai 2007

impulsivityとかimpulsivenessとか

衝動性

卒論生のひとりに関係するコンセプトなんですが。

日本語で,「認知的熟慮性‐衝動性」尺度以外の尺度はないもんじゃろうか。

攻撃とか制御とか絡めて。

あれこれ気になる論文を物色してみた。

「Barratt Impulsiveness Scale」
よく英語論文で見かけるのはこのスケール。BIS-11という表記。
Factor structure of the Barratt impulsiveness scale.
 ※6つの一次因子,3つの二次因子→「注意衝動性」,「運動衝動性」,「無計画衝動性」。

The Japanese version of the Barratt Impulsiveness Scale, 11th version (BIS-11):
Its reliability and validity

 ※おぅ日本語化されてる?で,どこを見れば??


「レビューっぽいやつ~psychiatric系」
Psychiatric Aspects of Impulsivity.
 ※定義大事。何が問題となるか知ることも大事。
  しかし「定義も,関連するpsychiatric disordersも」あれこれいっぱいあるなあ。

Risk Factors for Suicide Completion in Major Depression:
A Case-Control Study of Impulsive and Aggressive Behaviors in Men

 ※上のレビューには書かれていないが,depression-suicideっていうラインにも関係あるんだな。

Cognitive inhibitory control and self-reported impulsivity
among violent offenders with schizophrenia

 ※私的なイメージはこんなんですが;participantsは別として。
  しかし衝動性尺度得点とneuropsychological task得点の相関はsmall, not significantだそうで...


「大学生で!」あまりないのかな?
Predicting borderline and antisocial personality disorder features
in nonclinical subjects using measures of impulsivity and aggressiveness

 ※独立変数と従属変数が想定しているのと全然違うけど。

The aggression paradox: understanding links among aggression,
sensation seeking, and the consideration of future consequences.

 ※あんまりフクザツでなくてもいいんですが。

|

« お勤め6回目 | Accueil | 070515[mz1]特別リアリスティックということもない »

02. MIND 【心】」カテゴリの記事

03. ARTICLES 【篇】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15085358

Voici les sites qui parlent de impulsivityとかimpulsivenessとか:

« お勤め6回目 | Accueil | 070515[mz1]特別リアリスティックということもない »