« なぜ3学期制で,1コマ75分で,一年間の登録単位数に上限があるのか | Accueil | 性格心理学I-07-8 »

07 juin 2007

臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-8

幻覚と妄想,psychosis。
→統合失調症(とやや軽く人格障害について)の"日本語的"概説。

cognitive modelとして挙げられているのは,
1)vulnerability-stress model; 2)generic cognitive model of emotional disorder;
3)specific cognitive models, exploring how psychosis impacts on perception and interpretations.
特に
・delusional beliefs
・Beliefs about voices
など。

統計学習的には,階層的重回帰分析。R-squaredの値というよりΔR-squaredの評価。
交互作用項の投入,
縦断調査における1回目の値を共変量的に投入して最初のばらつきを統制する,など。

 *

そして本科目この回の恒例行事(05年度06年度)となりました,
<教えあい学びあい精神>の涵養と<時間制限的プレゼン能力>の育成。

本年度は窓側チームも廊下側チームも<被害妄想的観念>にしてみた。
ふたつの論文を総合的にみますと,被害妄想的観念のvulnerability候補は,
パラノイア猜疑心の「恨み」,幻覚様体験の「ネガティブヒアリングボイス」,
社会的回避傾向であり,
これらが高くかつストレス体験が多いと,被害妄想的観念が強くなる。

 *

いつも配布している<先行研究リスト>は今回はなし,
だってひとつしか(ターゲット雑誌,ターゲット期間には)みあたらなかったものですから。


欠席者ゼロの回は初めてだったりする。すばらしい。

来週は,俗に言う<大抽選会>の回でレクチャーなしのつもり。
そして再来週はGADとhealth anxietyと心配とSEMでしょうか。

 *

「土曜日お時間ありますか?」と受講生のおひとりに授業後聞かれまして,
「デートのお誘いか何かでしょうか?」と思いましたところ,
(思っただけではなく本気風におたずねしてみたところ)

演奏会のチケットをいただきました。
きっと行くよ。

|

« なぜ3学期制で,1コマ75分で,一年間の登録単位数に上限があるのか | Accueil | 性格心理学I-07-8 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15352507

Voici les sites qui parlent de 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-8:

« なぜ3学期制で,1コマ75分で,一年間の登録単位数に上限があるのか | Accueil | 性格心理学I-07-8 »