« 平成19年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究構想発表・指導会 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-8 »

07 juin 2007

なぜ3学期制で,1コマ75分で,一年間の登録単位数に上限があるのか

などなどのフレッシュマンの数々の疑問に,

時間の加減乗除的計算と
大学の諸規則・その根拠となる諸法の条文によって解答を与えてみた。
(煙に巻いてみた,というか)

知りたい人は個別的に直接的にお尋ねください。

フレセミの時間。

あとで他の先生方とお話ししてみたら,違うって言われたんだけどさ。
ナツイカ(後述)

 *

書かれている規則や法律だけを読んで根拠にしても,
75分という数字はなぜ70分でなく80分でないのかはわからないし,

なぜ45単位という数字はなぜ40単位じゃなかったりするのかも然り。

このように,
「主張」は「根拠」つきで示さなければ単なる意見・考え・感想になってしまうし,
さらに言うと,
目に見える根拠データと主張をつなぐ役目の,
場合によっては明示されない「論拠」も意識しないとねぇみんな。
(出典はこちら

「100%正解」なるものは,学べば学ぶほど減ってくるという
発想の転換が必要とか。最尤性というコンセプト。

レポート課題ですか?お題は教員が出すでしょ。
どうすればいいかって?
ハゲドウ,メウロコ,ハゲパツ,ナツイカです
(出典はこちら

...という流れで本日の久しぶりクラス別フレセミ75分間は終了したのでした。

 ※ 別にNHK出版の回しモノではないが,有用なものは有用。

 ※ いわゆる"第4学群"は改組再編されなかったんだろうか?
   それぞれの新学群にバラバラに配属されたのかしらん。
   →また新しくどなたかストーリーを構築してください。
    でも今度はリアル学群として1・2・3がないのだから,
    かなりの力量が要求されると思いますよ(笑)


|

« 平成19年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究構想発表・指導会 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-8 »

04. NOTES-as-LECTURER 【講】」カテゴリの記事

Commentaires

Poster un commentaire



(Ne sera pas visible avec le commentaire.)


Les commentaires sont modérés. Ils n'apparaitront pas sur ce weblog tant que l'auteur ne les aura pas approuvés.



TrackBack

URL TrackBack de cette note:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27740/15344377

Voici les sites qui parlent de なぜ3学期制で,1コマ75分で,一年間の登録単位数に上限があるのか:

« 平成19年度教育研究科スクールリーダーシップ開発専攻修士論文・実践研究構想発表・指導会 | Accueil | 臨床心理学演習Ⅰ(学類)07-1-8 »